タグ: 犬の仕事

 ドッグトレーナーになりたい!を応援するブログ

抵抗ある単語に対して

授業でも使用することが

こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の矢川です。


先日のメルマガにも少しだけ記載したのですが、現在、自分は犬の保育園の各店舗を周りながら、少しずつ店舗に来ている登園生の名前を覚えたりしています。


大阪に移動する前から登園していた犬も継続して登園してくれていますので、会うのがとても楽しみです!


向ヶ丘遊園店で自分が以前担当していた犬が今も週4回ペースで通ってくれているのですが、自分が2回訪れて2回とも登園していなかったのは会った時の感動の再開のためでしょうか、、。


さて、先週の水曜日は学習理論1の授業を担当いたしました。


担当の講師の都合で代わりに講師を務める事になったのですが、少々久しぶりの授業でしたので、内容の確認のため、前日に授業を見学したり、動画で確認をし、当日に臨みました。


授業の内容を確認していると、以前にも感じていたことなのですが、ある単語が出てくると、自分は少しだけ抵抗感を感じてしまうのです。


その単語は犬のトレーニングをしていると、稀に使う方もいらっしゃいます。


その単語はというと?

 

〇〇をあげる

その単語は「餌(エサ)」という単語です。


日常で使う分について抵抗があるわけではないのです。


ただ、犬のトレーニングをしている時に、「犬にエサをあげましょう」や「犬がおすわりができたらエサをあげます」のような文章が出てきたり、人が話すと少し抵抗があります。


その原因は故森山校長が犬に与える食べ物に対して「エサ」という単語を使った際に、スタッフはもちろんアカデミー生の方にも少し厳しく助言していたのが、強く印象に残っているからなのです。


なぜ、犬に与える食べ物を「エサ」という単語を使わないのか?


故森山先生はこのように答えていらっしゃいました。

ダックス

犬はエサという単語を気にしないと思いますが

自分のこだわり

「犬は家畜動物ではなく、人の良きパートナーで家族だから」


犬が人の良きパートナーというのは、プレイボゥの授業の中でもお伝えしている内容で、とても重要視しています。


個人的な意見になりますが、「エサ」という単語を使う場合鳥や豚、牛、魚(釣りエサ)など人間が食す動物に使われる事が多いのではと感じます。


もちろん、鳥や豚、牛、魚を飼われている方もいらっしゃいますので、その方々は「ペットにご飯をあげるという感覚なのでは?」とも認識しています。


たかが言葉ひとつ変えるだけなのですが、動物に携わる人達はそれぞれ熱い思いを持って仕事をしたりしていますので、時には譲歩できずこだわりが出てきたりします。


「犬の食べ物をエサと言わない」


これも自分のこだわりになるのかもしれません。


自分がもし、犬の食べ物をエサと表現していたら何らかの事情があって使っているのだと思ってくださいね、、。

犬を多角的に学んでみませんか?
https://playbow-dogtrainers-academy.com/course2.php

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー
Facebook https://www.facebook.com/playbowacademy/
instagram https://www.instagram.com/playbowacademy/

NO DOG,NO LIFE ~散歩の速度~

こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の石田です。


2021年も早くも約半年が過ぎました。もう半年経つと今年も終了してしまう!と、良く分からない焦りを感じています。(笑)


6月といいますと、やはり真っ先に「梅雨」という単語が浮かんできます。

 

 

梅雨の時期のお散歩は・・

梅雨の時期といえば、多く話題にあがるのは「雨の日の犬のお散歩」について。
雨の日の散歩が多くなると心配なのが、足の裏を濡れた状態のままにして雑菌が増殖し、皮膚炎になる子もいること。
雨の日の散歩の後は、足を洗ってしっかり乾かしてあげてくださいね。

また、雨の日にお散歩に行かない際は、知育玩具を使ったりして、頭もお鼻もフル回転させて
運動不足を解消させてください!

犬のお散歩している様子

お散歩中~♪

 

「お散歩」についてのお話

と、本日はお散歩に関して少しお話しましたが、故森山名誉校長のブログにも
ぜひ読んでいただきたいブログがありますので、本日はそちらをご紹介いたします!

.。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。

タイトル

散歩のスピード

https://playbow-dogtrainers-academy.com/9407.php

.。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。

いかがでしたでしょうか?

 

お散歩の速度を今一度確かめよう!

私自身、愛犬を迎えたのは小学2年生の頃で、愛犬とのお散歩の際には、
がんばって早歩きをしたり、小走りになったりしながら歩いたことを思い出しました。

今現在、移動の際はわりと早い速度で歩くタイプですが、子供の頃は、愛犬のためにせっせと歩いていました(笑)

お散歩の際には、「愛犬は急いでお散歩終わらせてお家に帰りたいのかな?」とか、
「私のペースが早すぎるのかな」などと思っていましたが、犬にとっては、それが普通の速度だったのですね。

東京はまだ梅雨入りしていない為、最近でも近所を歩いていると、犬のお散歩によく遭遇します。

様子をみていると、とっとっとっと・・・と急ぎ足で歩いていながら、
何だか楽しそうな表情の犬ばかりで、すれ違う度に微笑ましくなってしまいます。
(マスクのおかげで、すれ違い様に微かににやけている変な人、と思われずほっとしていました(笑))

さらに、犬たちの軽快で楽しそうな様子をみていると、
運動不足の私も一生懸命歩くね!と逆にモチベーションを貰いました。

これが愛犬とのお散歩ならば、尚更やる気が出そうですね!

犬は、人間の社会の中で生活をしていますので、犬のやりたい事が制限されてしまう場面も多くあります。

お散歩中も、走れない場所があったり、しっかり横についていないと危ない道だったり、
様々な場合がありますが、犬に合せてもらったり、犬に合せてみたり・・・
互いに様子を見ながら、一緒に歩けるというのは、犬との充実した時間の一つですね!

これから梅雨に突入し、お散歩の時間も限られてくるかもしれませんが、
歩く速度をあわせたり、ちょっとしたことで、犬のストレスを減らし、憂鬱な雨の時期も共に乗り越えていきましょう!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー
日常の様子を大公開★

Facebook:https://www.facebook.com/playbowacademy/
instagram:https://www.instagram.com/playbowacademy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

○○が怖い犬。その解決には・・?

こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の石田です。


突然ですが、皆さんには苦手なもの、怖いものってありますか?

犬の嫌そうな顔の写真

怖いもの・苦手なものあるよね~

怖いもの・苦手なものはありますか?

私は、少し大きいサイズの鳥に恐怖心を抱いています。

先日実家に向かう途中、住宅街を歩いていると、目の前にすこし大きなカラスがいるのを発見!

瞬時に辺りを警戒しつつ、走ってその場から立ち去り、目的の場所まで遠回りをして向かいました。

端から見ると、「あの人普通に歩いてると思ったら、方向変えていきなり走り出した」と少し不思議な光景だったかもしれません。

なぜ、鳥に恐怖心や苦手意識を抱くようになったかといいますと、幼い頃、鳥たちにエサをあげられるという動物園の体験の中で、フラミンゴに背中をつっつかれてしまったという経験したことが原因です。

それ以降、大きな鳥と接する機会や、経験もなく、大きな鳥は怖い・苦手いうイメージで成長してしまいました・・・

その為、現在も鳩より大きいサイズの鳥を見かけると日常・動物園など場所問わず距離をとります。
もしも、誰かが一緒に居ならば、その人を盾にするかのようにしてさっと通り過ぎます。

怖いもの・苦手なものがある皆さん、似たような経験はありませんか?

そしてこの状況!実は犬との生活の中でも当てはまる状況だったりするのです。

怖いもの・苦手なものは、犬にも当てはまる

例えば、お散歩の最中。
知らない人が近付いてきたり、知らない犬を発見した際、飼い主に縋りつくような行動をしたり、後ろで出来るだけ小さくなって隠れるような姿勢をとる犬をみかけたことありませんか?

それは、犬が「怖い」という気持ちからしている行動で、犬にとっては大きなストレスになっているかもしれません。

 

犬にとっての「怖さ」「苦手」をなくすには?

では、その「怖さ」をなくすためにはどうしたらいいのか。

「怖い」という感情を既にもっている場合は、対象物をいいイメージに変えるためのトレーニングを行ったり、その犬にあった方法を見出す必要があります。

この辺りはまさにドッグトレーナーのお仕事ですね。

ですが、この「怖い」「苦手」という気持ちを抱くより前にその対象物に慣れていたらどうでしょう・・?

知らない人や犬に慣れていたら、特に気にすることなくお散歩ができるのではないでしょうか?

この「慣らす」ということ、実はとても重要なのです!そしてそれがプレイボゥでも大切にしている「社会化」といいます。

 

「社会化」とは?

社会化とは・・・
犬が生活する中で出会うであろう物事にあらかじめ慣らしておくことを言います。

犬の場合、生後3週間~12週間くらいまでを「子犬の社会化期」と呼んでいて、色々なものに慣れやすい時期と言われています。

この時期に、色々なものを見たり、聞いたり、触れたりすることで、怖いから攻撃してしまう、どうすればいいか分からなくてずっと落ち着けない、というようなことを減らすことが出来ます。

このメルマガを長年読んでくださる方には既に慣れ親しんだ言葉かもしれませんが、今回、この「子犬の社会化」について学べる機会があるのでご紹介します!

◆ゼロから学べる子犬の社会化セミナー
https://playbow-dogtrainers-academy.com/1796.php
日時:6月10日(木)13時30分~15時

ご興味のある方はぜひご参加をお待ちしております!

私の体験談に話を戻しますが、今回の遠回りをせざるを得ない状況に陥って実家まで来たことを母に話すと、
「怖い気持ちのまま終わったから、もっと楽しい思いもさせてあげればよかった・・」と謝られてしまいました。

日常生活で大きな鳥と遭遇する機会はあまりないので、そこまで気にしていなかったのですが、母と話していて、これは私自身の「社会化」不足な部分だな、と感じました。

犬と共に暮らす上で、人間社会は犬にとって怖いものが存在します。

大切な愛犬がストレスを感じず過ごせるよう、しっかり「社会化」を行っていきましょう!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー
日常の様子はFacebookやInstagramにて★


Facebook:https://www.facebook.com/playbowacademy/

Instagram:https://www.instagram.com/playbowacademy/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

フィンランドから始まるコロナ探知犬

人のために働く犬たち

こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーの依田です。


空港に行けば麻薬探知犬がいて、電車に乗れば盲導犬が人を支え、前回の記事に書いた、裁判所で証言台に立つ子供に寄り添う付添犬と、人のために働いてくれている犬たちには、いつも感謝の気持ちでいっぱいです。


今回は、既にフィンランド・ヘルシンキのヴァンター国際空港で実証実験が行われたコロナ探知犬のお話をしたいと思います。


実験内容は、フィンランド国外からの飛行機で到着した参加に同意する渡航者だけに行われたもの。

犬の嗅覚はすごいのです!


探知方法は、渡航者の汗が出やすい部位に検査用の布を皮膚を拭い、専用カップに布を入れます。


カップは犬が待機する別室に運ばれ、カップに入った布に付着した検体を嗅がせるという流れです。


渡航者と犬が直接接触することはないので、犬が人の新型コロナ感染症に移る確率も低くなります。


その実験の様子もYouTubeにUPされていましたのでご覧ください。
Covid-sniffing dogs deployed at Helsinki airport


この実験で反応が出た渡航者は、専用窓口に移動してPCR検査を受けます。
ヘルシンキ大学獣医学部が実施したこの実験、なんと100%の精度で新型コロナウイルス感染者をかぎ分けたと発表しています。

参考文献:
https://www.finavia.fi/en/newsroom/2020/covid-19-dogs-arrive-airport-able-identify-virus-earlier-laboratory-tests

アメリカでも既に研究は行われていた

その他に、アメリカでも同様に実験がペンシルベニア大学獣医学部で行われ、本実験も、感染者に汗等が付着したTシャツを犬にかぎ分けられるかを実験が行われています。

参考文献:PLOS ONE

アメリカで行われた実験でも96%の精度でかぎ分けられたそう。
犬の嗅覚は流石としか言えませんね・・・!

病気の独特な臭いを感知できる臭覚の驚き

この実験内容を知って、以前、動物写真家の方が取材をした癌探知犬の話を思い出しました。

病気には特有の臭いがあり、新型コロナウイルスだけでは無く癌にも独特な臭いが犬にはかぎ分けられるそうです。

その臭いとは、病状にもよるそうですが、甘ったるい、酸っぱい、腐ったような独特な臭いなのだそう。

これは人では感じないレベルで、犬の嗅覚感度が高いからこそかぎ分けられるのです。

コロナ探知犬まとめ

最後に、犬という存在は本当に人にとって大きく、様々なところで支えられていることを、まだ一般的には知られていません。

また、特殊な訓練をしている犬だからで、一般の家で飼われている犬は違うという考えを持たずに、犬の嗅覚は本当に過敏で繊細なので、普段接する飼主さんも愛犬のために、強い臭いの香水やルームフレグランスといったものは出来る限り取り除き、一緒のお家に住む者同士、思いやりをもって一生一緒に暮らしていきましょうね^^。

《無料!》ゼロから学べる子犬の社会化セミナー
6月10日(木)14時~15時30分
中目黒教室 少人数制
https://playbow-dogtrainers-academy.com/1796.php

付添犬ってご存知ですか?

 

付添犬という介在療法を知ろう

こんにちは。
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー依田です。

2020年10月にYahoo!をはじめ、各種の媒体で取り上げられて話題となった、付添犬というお仕事の犬をご存知ですか?

まず付添犬のお仕事についてお話しますね。
付添犬とは被害を受けた子供が、安心して自分の受けた出来事について、他者(司法や医療従事者等)に物事を伝えられるよう、側に寄り添い援助をする犬のことを指します。

子供の被害を具体的に記すると、虐待や性的被害等、トラウマに残るほどの被害を被った時、子供が事情聴取等でさらなる精神的苦痛を和らげるために付添犬が心の支えとなります。

この活動が日本で導入されたきっかけが、アメリカで活動するコートハウスファシリティドッグの活動からです。

 

日本初の付添犬が裁判所に

2020年10月日本で初めて、付添犬同伴で子供が証言台に立ち刑事裁判が行われました。

裁判所には立ち入った経験はありませんが、想像するだけで大人も緊張するような異空間なのではないでしょうか。

小さな体の子供には荷が重く、身心共に押しつぶされてしまうことでしょう。

当時の付添犬「ハッシュ」というゴールデンレトリーバーです。
虐待被害を証言する子供に付添い、精神的支えとなりました。

 

付添犬に適する気質とは?

つぎに、付添犬に適する気質等のお話を挙げていきましょう。


・獣医学的に健康であること

・攻撃性がないこと

・包容力のある穏やかな犬であること

・一般の犬が入ることの出来ない施設でも落ち着いて行動が出来、指示に適切に従うなどの安全性があること


というような、元々の気質に加え、特殊な活動内容と日本の現状に適応した犬への教育が必要となります。

人よりも感覚が優れた犬に、緊張するような場へ連れて行くこと自体、人はもちろん、犬にも相当な心の負担を被ります。

だからこそ、日々の特殊な練習が必要になってくるのですね。

 

犬にはいつも精神的支えを受けて感謝でいっぱいですね!

付添犬の今後の活動に期待

まだ動き出したばかりの付添犬の取り組みですが、注目の非常に高い活動だと感じています。

普段の生活でも非常に心の支えになっている犬たちには、感謝の気持ちをもった飼い主さんも多いかと思います。

ぜひ感謝の思いとともに、精神的負担を一緒に伴った犬達には発散する時間を与え、思いきり犬らしく遊んでもらう時間も作ることも恩返しのひとつだと考えます。

これなら、普段の犬との生活で行える犬への心のケアですよね!


人と犬とが両思いな関係性になれる、素晴らしい社会へとなることを願い、プレイボゥもドッグトレーニングの魅力をこれからも継続してお伝えしていきます。

参考記事:NPO 神奈川子ども支援センター つなっぐ

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーお勧めセミナー
《無料!》ゼロから学べる子犬の社会化セミナー
6月10日(木)14時~15時30分
中目黒教室 少人数制
https://playbow-dogtrainers-academy.com/1796.php

吠えることが仕事なんです♪

遠吠えするハスキー

犬は吠える動物です

来校者様とのおしゃべり

こんにちは。
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の瀬尾です。

プレイボゥには日々、来校者の方がいらっしゃいます。
来校者様にはスクールの説明をし、その後実習先である「犬の保育園」へご案内をしております。

例えば、中目黒教室から犬の保育園(中目黒店)までは歩いて7分ほど。
教室から店舗までのたった数分ですが、少し緊張の解けた来校者様とおしゃべりするこの時間がとても好きです。
愛犬や将来飼いたい犬の話をしたり、お仕事の話をしたり、趣味の話をしたり、生い立ちの話をしたり。
意外と深い話になることもあるんですよ!

ダックスフンドの話

先日はその道中で、来校者様がお住まいのペット可のマンションでの話になりました。
その方は現在犬を飼っていないのですが、そのマンションの住民が飼っているミニチュアダックスフンドの鳴き声がけっこう聞こえる、とのこと。

来校者様はそのことに嫌悪感を持っているというよりは、なんで吠えているのか気になっているご様子でした。

この話を聞いて、「ダックスフンドだしね」と思った方、さすがです(*’▽’)

2匹のミニチュアダックスフンド

ダックスフンドと言えば、長い胴体と短い脚ですね!

犬種グループについて

そもそも「犬」は人間の仕事のパートナーとして存在していました。
そのため、犬はよりその仕事に適した形や気質になるよう改良されていきます。
その仕事にあった特徴ごとに犬には10のグループ分けがあります。

1.牧羊犬・牧畜犬

2.使役犬

3.テリア

4.ダックスフンド

5.視覚ハウンド

6.嗅覚ハウンド

7.ポインター・セター

8.鳥猟犬

9.愛玩犬

10.原始的な犬・スピッツ

参考:ジャパンケネルクラブ
https://www.jkc.or.jp/worlddogs/introduction

ダックスフンドの役割

ミニチュアダックスフンドは第4グループ「ダックスフンド」に属します。
この第4グループは、1つの犬種で1つのグループを成している特殊なケースになっています。
このダックスフンドは、主に地中に住むアナグマを狩ることを目的として生まれました。

ダックスフンドの特徴である長い胴体や短い脚は、地中の洞穴に潜り込むのに適した体型といえます。
そしてダックスフンドはアナグマを見つけたら吠え続けることで一緒に狩りをしている人間に場所を教え、アナグマが逃げないように留まらせることが役割です。

つまり、もともとダックスフンドという犬種は吠えることが仕事の犬だったんですね。
来校者様にも「そもそもダックスフンドは狩りを仕事とし、吠えるのが役割だったから吠えやすいんですよ~」とお伝えするととても興味深そうに聞いてくださいました。

まとめ

来校者様がおっしゃっていたミニチュアダックスフンドがどんな理由で吠えていたのかは分かりませんが、
どういったお仕事をしていた犬かによって、吠えが強く出てしまったり、咬みが強く出てしまったり、ということは起こりえることです。
犬本来の行動をしていても、それを問題視する人がいれば、「問題行動」となってしまいます。

愛犬はどんな犬種ですか?

愛犬の行動に困っている方は、ぜひ犬種図鑑で調べてみてください。
もしかしたらその行動、愛犬にとっては正常な行動なのかもしれません。

愛犬のルーツを学んで、もっともっと愛犬について知ってみてくださいね!