タグ: 犬の仕事

 ドッグトレーナーになりたい!を応援するブログ

NO DOG, NO LIFE

こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の石田です。

 

このメルマガを読んでくださる皆様の中には、すでにお気づきの方もいらっしゃると思いますが、

毎週、配信スタッフが変わろうと、このタイトルだけは、週に一回必ず配信されているんです!

 

そうです、それが!

NO DOG, NO LIFE』

 

このタイトルを見ると、あるレコードショップの『NO MUSIC, NO LIFE』なんて文字が頭に浮かんでしまいますが、直訳すると『犬がいなければ、生きられない』というようなニュアンスですが、

個人的には

犬がいない人生なんて・・!

と、受け取っています。

 

 

この言葉が、私はとても好きで、きっとこの先、どんな道を歩んでいてもなにかしらで犬と繋がっているのだろうな、と感じています。

 

 

ですが、犬がいればただそれだけでいいのか!と問われたら、正直に答えるとNOです(笑)

 

犬が好き

ただただそれだけで生活はできません。お金は必要だし、やはり、家族や友人との時間も大切ですし、美味しいご飯もたべたい!

そんな人生の中で、犬と携わり、人も犬もより自然に共生できる世界を目指していきたい!と考える、とても欲張りな人間です。

北ちゃん・南ちゃんの写真

犬と人が充実して暮らす人生が理想です~

 

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーでは、日本のペットの殺処分を0にするというミッションがあります。

ですが、そのミッションを達成するためには、ただただ欲張るだけではダメなんです!

 

では、そのミッションを達成するためにどう行動するのか、そしてプレイボゥはどうして作られたのか、

この答えがつづられた森山名誉校長のブログのある記事をご紹介をしたいと思います。

 

 

.。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。.

タイトル:
想い

本文はこちらから↓↓
https://playbow-dogtrainers-academy.com/9268.php

.。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。.

 

いかがでしたでしょうか?

 

 

好きなことを仕事にするというのは、時に困難な現状を痛感する時もあると思います。

しかし、森山名誉校長の強い想いのように、理想のためには、何が必要で、何を守るのかを明確にし、実行することで、

現状を変える手段が開けてくるのではないでしょうか?

 

 

冒頭でお話ししたように私は欲張りな人間です。

 

NO DOG, NO LIFE』な生活を実現しつつ、その他のことも楽しみたい。

 

それをしっかり実現するためにも、自分にできることしなくてはならないこと、守るべきものをしっかりと整理し、今日からまた頑張ろうと思います!

 

 

皆さんもぜひ、参考にしてみてください♪

偉大な存在

こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の石田です。

 

スクール説明会などで来校される方にプレイボゥドッグトレーナーズアカデミーを知ったきっかけを伺うと、

まず、犬が好きであること。

そして、犬に関わる仕事に興味をもっていた。というお話しを比較的多く耳にします。

 

 

私も、まったく同じきっかけや考えから犬業界へ転職、そして今現在、こうして皆さんへメルマガをお届けしているので、

その気持ち、すごく分かります!!!!という気持ちを込めてかなりの勢いでうなずきながらお話しをお伺いしてしまいます。(怖いと感じた方がいたら申し訳ございません・・)

 

 

そして、犬が好き犬に関わる仕事に興味をもつ、根本には、やはり愛犬の存在が大きく関わっている方が沢山います。

 

今飼っている愛犬のため、もっと犬の知識を学びたくて

 

今後迎える時のためにいまから準備しておきたくて

 

以前飼っていた愛犬にしてあげられなかった後悔を、今後何かに役立てていきたくて

 

など、本当に様々な思いを持ってスクールに足を運ばれています。

 

 

私の場合は、3つ目の理由がほぼほぼ該当するのですが、

こんな風に人生を変えるほどのきっかけを与えてくれた愛犬のすごさを、皆さんのお話しを聞きながら、最近、より強く感じています。

 

人生を変えるなんて大げさなことだけでなく、普段の生活を思い返してみても、

愛犬の存在によってプラスになったことは、皆さんの中にもきっと沢山あるのではないでしょうか?

石田家の犬の写真

私にきっかけをくれた愛犬(ショコラ)です♪

 

そんな私が、愛犬の存在の偉大さと同時に最近痛感しているのは、

 

もっと犬について理解を深めておけばよかった

ということです。

 

 

私はたくさんの幸せを愛犬からもらっていましたが、「人間の幸せ=犬の幸せ」では必ずしもないのだ、という・・・

 

犬には、人間とは異なる欲求があり、犬の欲求をしっかりと満たすことができるように、犬についての知識を深めることが大切で、習性やボディーランゲージを正しく知れば、犬の気持ちをより理解することができるのだ、ということを、学びました。

 

 

ドッグトレーナーや講師の話を聞いていると、

その当時、私は愛犬へ愛情表現のつもりでも、愛犬にとっては、もしかしたら嫌なことだったかもしれない・・・と反省することが多々あります。

 

 

このように、人間の意図と犬の受け取り方のすれ違いを意識することで、愛犬との生活もより充実するのではないか、と感じています。

 

今現在は、犬を飼育していない為、その反省を実践することはできませんが、同じような気持ちでスクールを検討されている方や、生徒さんへ、少しでもなにか伝えることはできるのではないか、と思い、日々、皆さんとお話しをしています。

 

 

このメルマガを読んでくださる皆さんの中にも、きっと同じような気持ちを抱えている方もいるかと思います。

 

そんな方はぜひ!

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーへ足を運んでみてください!

一緒に犬の知識を深め、愛犬とのエンジョイライフをぜひお聞かせください~♪

Time is ・・・?

こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の石田です。

 

昨日は、金木犀の香りからを感じた、というお話しをしましたが、2020年も気づけば10月下旬。

今年は例年以上に時が経つのが早いと感じます。

 

人が年を重ねるごとに1年を早く感じるのは、1年間で体験する出来事がルーティン化し、脳に伝わる刺激が少なくなるから、という話をきいたことがありますが、

 

今年は、新型コロナウイルスに始まり、今までに経験したことのない出来事が次々あったにも関わらず、早いと感じる。あの話は違ったのか・・・?などと考える毎日です。

 

 

このように、人には時間の感覚があり,その感じ方は人それぞれですが、

犬にとっての1日の体感時間は、どのくらいなのか皆さんご存じですか?

 

なんと、人間の時間であらわすと約7時間

 

つまり人の約3分の1ほどしかないということになります。

 

 

それをもとに考えると、

例えば、飼い主さんが朝から夕方までの7時間前後、仕事や学校で家を不在にする場合、

犬は、人間でいう丸一日分、飼い主さんと会えない感覚でいるということ。

 

 

これが、さらに伸び、飼い主さんが朝から晩まで1日中不在となると、犬は、人間でいうところの、3日間も飼い主さんと離れていると感じることになります!

 

3日間・・・長いですね。

 

これをもとに、愛犬との日常生活を考えてみると、

例えば、飼い主さんが不在だったり、忙しかったり、天気が悪かったりで散歩に2日間ほど行けなかったとします。

その場合、犬は、人の時間感覚で表すと約1週間散歩に行けないと感じてしまいます。

 

1週間外にも出ず、ほぼ歩くこともしない・・人に置き換えても、なんだか息がつまりそう。

 

ちなみに、私の場合は、春に行われた緊急事態宣言中の運動不足・日光不足なもやもやとした生活が思い出されました(笑)

このように想像すると、犬も大きなストレスを抱えてしまうことが理解できるのではないでしょうか。

 

 

また、犬とは本来、人間と共に生活していく過程で、様々な仕事を担う目的で作られました。

 

例えば、匂いを嗅いで、獲物を追いかけたり、その居場所を吠えて知らせたり・・・

 

つまり犬には、そういった行動をしたいという本能的欲求が備わっています。

 

外での散歩は、そういった欲求を満たしてあげたり刺激を与える為にもとても重要なものなんです!

石田家の犬の後ろ姿

外でのお散歩はメリットたくさん!

ですが、散歩に限らず、なかなか外出ができない時は勿論誰にだってあります。

 

そんな時、私は、どうしたかというと、家での筋トレや、ただひたすらに本を読んでエネルギーを消費する努力を
していた気がします。

 

これも犬に置き換えて考えてみましょう。

 

 

もしも、お散歩のタイミングを逃してしまったならば、犬と一緒にお家でできることを考えてみる・・・

 

例えば、知育玩具を使用してみたり、お部屋の様々なところや、毛の長いバスマットなどにオヤツを隠し、嗅覚を使った宝探しゲームを行ってみたり、

 

はたまた普通のかくれんぼをしてみたり・・

家の中でも、愛犬が楽しんで、なおかつエネルギーを発散できることを一緒に実践することで、ストレス発散に繋がっていきます。

 

さらに、飼い主さんと一緒に行うという経験が、犬との絆をさらに深めます!

 

 

時間という概念は、人間だけのものかもしれません。しかし、犬と過ごす時間は皆さんにとってかけがえのない時間であると思います。

 

その時間が犬と人どちらとっても充実したものになるよう、

皆さんもぜひ、犬と人の時間の感じ方を考えながら、共に過ごす時間を大切にしてみてください!

五感覚

こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の石田です。

 

10月に入り、季節は秋を迎えていますが、皆さんはどんな時に秋を感じますか?

私は、毎年、金木犀の香りに気付いた瞬間秋を感じます。

 

秋という季節が好きなので、今年も、かすかに感じる特有の甘い香りに気付いた瞬間、なんだかとても嬉しくなりました。と、今までの私ならばここで終わっていたのですが、

 

今年は、あの金木犀の香りを感じ取った瞬間に、

”私の嗅覚は、この香りをしっかり覚えてかすかな香りでも反応するのかな”なんてことを、同時に思いました。

 

 

というのも、以前から新型コロナウイルスの探知方法の一つとして、探知犬を導入している国があるという話をニュースで知っていたことと、先日の授業にて、生徒さんから講師へ、犬の感覚についての質問があったからです。

 

その質問とは、『犬は普段、視覚と嗅覚をどの程度の割合で使っているのか。』との内容。

 

以前のメルマガにて犬の視力や視界について記載しましたが、それをどの程度使用しているのかまでは考えがいたりませんでした。

 

なので、これを機に犬と人の五感覚の割合を、調べてみると・・・・

 

人の五感覚の割合が・・・視覚83%・聴覚11%・臭覚3.5%・触覚1.5%・味覚1%と視覚がメインなのに対し、

犬の五感覚の割合は、諸説あるようですが、大まかに表すと・・・嗅覚40%・聴覚30%・視覚20%・その他と、主に嗅覚・聴覚・視覚の3つを用いて情報を認識しています。(参考URL:https://alternativecom.sakura.ne.jp/pet/?p=669)

 

割合をぱっと見ただけでも、人とはずいぶんと異なった感覚で過ごしていることが分かります。

 

さらに、日々嗅覚を使ったドッグトレーニングを行っている犬は、さらに嗅覚の割合が高くなるでしょうし、逆もまた然り・・。

人にも言えることですが、犬も其々が生活している環境や習慣によって感覚の割合も変わってきます。

 

 

そして、そういった違いを認識することで、より犬への理解が深まっていきます。

それにしても、臭いと音がメインの世界・・

 

 

どんな世界なのでしょう?想像するだけでワクワクしてしまいますね。

 

ぼくとあーちゃんの写真

どんな世界が見えているのでしょう・・?

 

 

皆さんもぜひ、犬が感じている世界をイメージ・理解し、犬との生活や日々のドッグトレーニングに役立ててみて下さい!

迷ったときは…

【今週はプレイボゥの店舗スタッフよりブログをお届けします!】

 

 

こんにちは!プレイボゥ大阪松屋町店スタッフの辻江です。

  

 

ドッグトレーナーとして働いていると、改めていろんな性格の犬がいるなぁ、やっぱり人と一緒なんだなぁと実感します。

 

 

 ということは、勿論犬へのしつけ内容やドッグトレーニング内容も変わってきます。

 

 

 人でも、感覚的に理解できる人もいれば、論理的に教えてもらった方が理解しやすい人もいるでしょう。

 

 

 実は犬も一緒です。 

 

 

それぞれ学ぶスピードが異なります。

 

 

 実際に大阪松屋町店の犬の保育園生の中にお留守番のできない犬がいました。

 

 

 今は人が近くに居なくてもクレートなどのハウスの中で眠れるようになっています。

 

 

  その保育園生はとても賢く、人の行動のルーティンをすぐに覚えます。

 

 

例えば、トイレをすれば人が出かけてしまう(人が)ある行動をしたら、自分から人が離れて行ってしまう、など。

 

 

 人は無意識にとっている行動ではありますが、犬はその人の行動をよく見て、覚えているのです。

 

ねぇ、それ何~? 犬は本当によく飼い主を見ています。

 

 皆さんも身に覚えはありませんか? 

 

 

洋服にコロコロをかけ出すと、ソワソワしだす。 

 

 

冷蔵庫の上の段を触ると、期待の眼差しで見てくる等。

 

 

 本当によく犬に観察されていますね。

 

 

 では話を戻しますと、犬だけでなく、実は人の行動も見直す必要がドッグトレーニングでは出てくるのです。

 

 

 どうして愛犬はこんな行動をとるんだろう?自分にも原因があるのでは?とシフトチェンジすると視野は広がります。

 

 

 

「視野が狭くなっているなぁ」、「なかなか愛犬へのトレーニングが上手く進まないなぁ」と思ったら、是非プレイボゥをはじめとするドッグトレーナーを上手く活用してください!

 

 

 プレイボゥのドッグトレーナー養成講座にご入学されたアカデミー生の中には、実習先である犬の保育園のスタッフ、つまりドッグトレーナーに話しているうちに、自分の中で整理されて、答えが自然と出てくる方もいらっしゃいます。

 

 

 そして答えが自分から出てこなくても、たくさんの意見を聞くことによって視野は広がります。

 

 

 そうすることで、トレーニングの幅が広がり、自分の力にもなるんですよ!

 

 

 行き詰った時は、相談できる場所がある!

 

 

 そんな場所がプレイボゥなのです♪

 

 ぜひ遊びにきてくださいね!

 

意外と大切!?あの知識

【今週はプレイボゥの店舗スタッフよりブログをお届けします!】

 

 

こんにちは。犬の保育園プレイボゥ大阪松屋町店 スタッフの辻江です。

 

 

早速ですが、ドッグトレーナーはドッグトレーニングの知識だけが豊富!であれば良い、という訳ではありません。

 

 

 実際の犬の保育園の現場では、飼い主さんから

 

 

犬の問題行動の予防って何をしたらいいですか」

 

 

膝のお皿がずれやすいので…」

 

 

「この食べ物は愛犬に与えても大丈夫ですか」

 

 

 など様々な質問やご報告をいただきます。

 

 

 上記の質問を見ていると、動物病院の獣医師に確認したらいいのに・・・と思われた方もいらっしゃるかと思います。

 

 

 しかし、飼い主さんは動物病院に行くと、緊張して質問が聞けない方や「忘れてしまった!」と、聞き忘れてしまうという方が実は多いのです。

 

 

 そこで会う頻度が動物病院より多い、より身近にいるドッグトレーナーを頼ってくださる方が、プレイボゥの犬の保育園に通うお客様の中にはたくさんいらっしゃいます。

 

 

 そんな時、

 

 

「えーっと…。」

 

 

「~だと思います。」

 

 

「あー、そうなんですね…。」

 

 

と、曖昧な対応を取ってしまうと、ドッグトレーナーとお客様の間の信頼関係に溝が生まれてしまいます。

 

 

 そうならないためにも、ドッグトレーナーは広く浅くたくさんの知識が必要になってきます。

 

 

 ただ、ここで《注意》してほしいのは、私たちは獣医師ではないので、診断は絶対にしてはいけません!

 

 

 知識を持っておくことはあくまで、その犬の状態を理解するため適切な質問をするため、また飼い主さんの信頼を得るためです。

 

コース概要・受講料

ふむふむ、ドッグトレーナーは知識のアップデートも必要なのね…!!

 

 

 ドッグトレーニングも同じですが、この分野は日に日に情報が新しくなっていきます。

 

 

 日々勉強ではありますが、得た知識や技術を飼い主さんに還元出来た瞬間、とてもやりがいがある仕事であると実感することが出来ます。

 

 

 ぜひ機会があれば犬の保育園大阪松屋町店にも足を運んでくださいね!

 

 

 皆様と共感しあえる日を楽しみにしております!