タグ: 犬の仕事

 ドッグトレーナーになりたい!を応援するブログ

体重75キロでも標準サイズ?

こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の矢川です。

最近めっきり寒くなり、冬らしい気温になってきましたね。

今年もあと約1か月を残すのみとなりました。

風邪などをひかないよう、寒さ対策をきっちりして乗り切りましょう!

大型犬の中の大型犬

さて、自分が住んでいる近辺は公園が何か所かあり、犬達が多く飼われています。

最近ではニューファンドランドという犬種が散歩で歩いているのを見かけました。

小型犬や中型犬は遠くから見ると犬種がわかりづらい時がありますが、大型犬はある程度わかりやすいですね。

フサフサの毛が風になびいてとても優雅に歩いていて、散歩をしている男性も歩いている姿勢が良く、思わず見入ってしまいました。

そんな大型犬に出会ったこともあったため、今日は養成講座の実習先である、犬の保育園プレイボゥ稲城店に入園したある大型犬をご紹介したいと思います。

ニューファンドランドと並ぶ、数ある大型犬のなかでも最も大きな部類に入る犬種です。

その犬種はというと、、。

その犬種はセントバーナードです。

かなり昔のアニメになりますが、アルプスの少女ハイジに登場してきた犬種ですね。

 

名前の由来と担ってきた仕事

セントバーナードの名前の由来は、スイスとイタリアの国境にある僧院「聖ベルナール」で飼育されていた所からつけられたと言われています。

英語の「saint(セイント)」=聖人や聖徒、「Bernard(ベルナール)」→英語読みでバーナード、から来ているんですね。

僧院の場所は山岳地帯の峠にあり、豪雪地帯であったため、遭難する人も多かったようです。

それらの人を救助する仕事をセントバーナードは担っていました。

山岳地帯で仕事をしていた犬種になりますので、体力もありますし、脚力も力強いのです。

セントバーナード

100キロ越えの子もいるかも、、。

犬種によっていろいろな仕事を担ってきた犬種も多いですね。

大型犬だけでなく数多くの小型犬も仕事を任されるために誕生しています。

以前パピヨンやビーグルついて書いている記事がありましたので是非読んでみてください^^

タイトル:犬の仕事

https://playbow-dogtrainers-academy.com/23399.php

 

5か月未満でも30キロ越え

 

さて、そんなセントバーナードのパピーが実はプレイボゥ稲城店に登園してきています。

約5か月のセントバーナードは現在の体重が約30キロとの事。

あと3,4か月もすると体重は約2倍の60キロを超えるでしょう。

タイトルに記載していますが、男の子であれば、体重75キロでも標準サイズにあたるようですね。

大きい子ですと、90キロを超えてしまう子も珍しくないようです。

そんな子達がお散歩で、もし引っ張る癖がついてしまったら?

大変な事は想像できると思いますが、参考までにお伝えすると、おそらく犬が本気で引っ張ったら大人でも引きずられるレベルです。

ですから、成犬になる前にお散歩練習も必要となってきます。

急激に体重も増えてきますので、股関節などの状態も日々気を付けなくてはいけません。

食事の管理と適度な運動が欠かせない犬種と言えるでしょう。

また、暑さに非常に弱い犬種なので、暑さ対策も欠かせないですね。

室温の管理や、小まめなブラッシングなども必要です。

気を付けることがいっぱいありますね、、。

犬種の気質は基本的に穏やかな犬種なので、しつけと健康状態に気を付ければ楽しいドッグライフが送れるでしょう。

プレイボゥ稲城店のセントバーナードの成長が非常に楽しみです!

次回のブログは

2021年12月4日(土)予定です!

人を癒す動物介在プログラム

こんにちは。
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー依田です。


犬と一緒に暮らしている方は、犬と寄り添ったり、お散歩で共に外の心地良さを共有したり、きっと心の安らぎや癒し等を犬から与えられ、幸せに感じて日々過ごされていることでしょう。


私も愛犬と一緒に就寝すると、スースーとした柔らかい寝息を聞こえてきます。
小さな悩み事なんて、どうでも良くなる様な優しい気持ちになります♪

 

動物介在プログラムとは?

今回は、犬好きさんなら一度や二度、耳にしたことがあるかもしれない【動物介在】について簡単にですがお伝えしていきたいと思います。

まず、動物介在プログラムってなに?というところからですが、先ほども書いたように、犬には人からだと与えられない心の安定作用を効果的に発揮することが可能とされています。


その犬の持つ特殊な能力に注目し、医療や教育現場等で人と人が関わる際に犬も介させて、人側の心身の健康維持や向上、そして命の大切さを伝えるということが、本目的です。


その動物介在プログラムの内容は、大きく3つに分かれています。

 

3つの動物介在プログラム(体験談有り)

・動物介在活動(AAA)
いわゆるアニマルセラピーと言われている【触れ合い活動】を指します。
QOL向上を目的に、犬が高齢者施設や少年院、児童施設等へ訪問します。

当スクールの卒業生でも活動をされている方々が多いです。

・動物介在療法(AAT)
闘病中の人に向けて、メンタルケアの一環で医療現場に出向き介在する方法です。
主に病院等の医療施設や緩和ケア等が挙げられます。


本来のAATとは主旨が異なりますが、身内の話で印象的な実話があるためご紹介します^^。


私の父はガンで63歳の若さで他界しました。
しかし最後まで生きる希望を持ち、緩和ケアに入ることを拒んでいました。


個室に入院していた父の希望が「(当時1歳の)愛犬に会いたい。」というものでした。


父が自宅療養中に今の愛犬を迎え、母と私は日中仕事だったので、子犬のころは父がお世話していたこともあり、愛着が湧いていたのです。


入院してからもずっと「会いたい」という希望を言ってましたが、お察しの通り病院に犬連れは難しいことですよね。


そんな命の灯が薄れていく父に、病院側の計らいでなんと!
1日だけ愛犬を病室に連れてきて良いという連絡がもらえたのです。


ただし吠えさせないこと、毛を散らさないこと、排泄等のルール等、様々な条件を病院側から出されたのですが、当時ドッグトレーニングを頑張っていた愛犬だったため、条件クリアをすることが出来たのが、何より嬉しいことでした。


そしてご対面!


その時の両者の喜びようったら、動画に撮っておけば良かったと未だに後悔していますが、父の顔は血の気が戻り、歩き出して散歩にでも行けるのではないか?と言うくらいの元気な様子で、思わず母と涙が出ました。


その2日後に父は逝去したのですが、未だに素晴らしい配慮をしてもらえた病院関係者の方々には感謝を言い尽くせません。


家族よりも「犬に会いたい」という父の気持ちに関し、きっと家族だけでは与えられない、犬だけの特殊な癒し能力があったからなのだろうなと今でも思っています。


・動物介在教育(AAE)
子供たちの思いやり心を育むことや、学習意欲を高めることを目的にしたものです。
主に小中学校が活動の場となります。


私も幾度と私立小学校の介在プログラム見学に足を運んだことがありますので、その時の様子を一例に過ぎませんが、お伝えしたいと思います。


現場にはドッグトレーナーが数名出向き、子供たちに命の大切さ、犬も心を持っていることをイラストを通しながら説明します。


まずは基本的な犬とのあいさつ、そして人も犬も生きていることを理解するために犬の心音を聴診器や、犬を寝ころばせ、直接心臓の音を聞いてもらいます。


鼓動を感じながら子供たちが「ドキ、ドキ、ドキ」と言って、嬉しそうだったのが印象的です。


他にも、ドッグトレーニングを子供たちにお披露目します。


その様子を見て、犬も人と同じで、努力をしてお勉強をすると、色々なことが出来る様になる頭の良い動物なんだなという事を知ります。

Girls, Dog, Playing, Pet, Leash, Puppy, Smiling, Happy

犬の癒しの力は凄いですね。


ざっくりとですがこのような内容で、1時間半ほどのタイムスケジュールを終えますが、毎回充実したプログラムにあっという間の実感です。



子供たちはその時間が終わると、後日感想文を書いてくれます。
その感想が個々に目を奪うものばかりなのです。


いくつかご紹介します。


・犬が生きているとは知らなくて驚いたけど、好きになった。

・犬の心臓が聞けて、私と同じで嬉しかった。

・犬は触ったことがなかったけど、温かった。

・ドッグトレーナーになって、もっと犬と仲良くなりたいなと思った。

・手袋を通しても体が温かかったから、直接触りたくなった。
(これは、動物アレルギーで親御さんから手袋ならOKという指定があった子供の感想です。)


現代、犬たちは室内飼いへとなり、中々犬を迎えたことの無いご家庭だと犬に触れ合う機会は減ってしまいます。


このような介在の機会を与えられた子供たちの感想は、大人の私達から見ると思わず「え?」と思う感想も正直あるのですが、無知という理解で見解すると、非常に素直な感想だと感じ、改めて動物介在プログラムとは子供の心身の成長を助けるために犬を介在させた活動だと実感したのです。

 

動物介在プログラムまとめ

いかがでしたでしょうか?
実体験も踏まえてお伝えした介在プログラムですが、イメージが湧いて頂けると非常に嬉しいです^^。


最後に本文を読んで、自分でも出来そう!とか、愛犬がフレンドリーだから適してそう!と思われた方もいらっしゃるかもしれません。


指導する側、そして犬も介在のプロ集団です。
基本的に介在する対象の人は皆、心身が弱いまたは未発達な人が対象としているので、互いに失敗させない緻密なプログラムを考慮した上で活動をしていることを知ってください。


そして犬たちも社会化をはじめ、ドッグトレーニングや人慣れを徹底した上で行っている、練習を重ねた犬達です。


犬が横になって、人が心音を聞くという行為も練習あってではないと、ケガの恐れも十分ありえます。


そして、動物介在プログラムの活動中は長い時間、犬達は拘束されるので、ストレスが蓄積されてきてしまいます。


なので、活動後は思い切り発散をドッグトレーナーたちがさせているのです^^。


人にも犬にも配慮が出来て、互いに失敗をさせないことで、初めて動物介在プログラムが成り立つものだと考えています。


犬は体が小さいですが、人にとっては心の支えとなる大きな存在です。
非常に犬への尊さが増してきますよね!


関連記事もご紹介したいと思います。
以前、私が書いた記事で【付添犬】という動物介在プログラムに類似したものをご紹介しているので、是非読んでいただけると嬉しいです♪


。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。

タイトル:付添犬ってご存知ですか?


本文はこちらから↓↓
https://playbow-dogtrainers-academy.com/28181.php

。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。


それでは、今回もお読み頂きまして誠に有難うございました。
良い週末をお過ごしください^^!

一番苦労するドッグトレーナーの仕事内容

ドッグトレーナーの仕事は“犬へのトレーニング”だけじゃない

こんにちは。
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の大竹です。

ドッグトレーナーの仕事内容と聞いて、皆さんはどういったものを想像しますか?

真っ先に思い浮かべるのは、やはり犬をトレーニングすることでしょう。
もちろん、大正解です!

しかし、それが大部分を占めるかというと、実はそんなこともありません。

ドッグトレーナーは犬をトレーニングするだけでなく、飼い主さんにそのトレーニング方法をレクチャーします。時には犬に対する飼い主さんの考え方や姿勢を変えていくこともします。

トレーニング

ドッグトレーナーは犬へのトレーニングを行うこと「だけ」ではないのです…!

実がこれがドッグトレーナーの仕事内容の中でも結構な割合を占めています。
しかもその上、非常に難しかったりします^^;
犬をトレーニングすることよりも難しい!


実はドッグトレーナーが一番苦労する部分…?

例えば…

散歩中の吠えがお悩みという飼い主さんがいらっしゃり、ママさんは積極的にトレーニングに取り組んでくれるが、普段お散歩に行くパパさんがなかなかトレーニングに取り組んでくれない。
パパさんにどうアプローチするべきか悩んでいる…

という話を以前店舗で働くトレーナーから聞きました。

「犬はトレーニングで成長してきているのに、飼い主さんがやってくれない…!」


実はこれ、ドッグトレーナー誰しもがぶつかる壁の一つだそうです^^;


ドッグトレーナーにも求められる“伝える力”

つまりドッグトレーナーは、犬のトレーニングの勉強だけでなく、「飼い主さんにどういう伝え方をしていくか」も学ばなければいけません!

そこでプレイボゥドッグトレーナーズアカデミーでは、実習の際に店舗のトレーナーがお客様にトレーニングをレクチャーする様子などを見学できる機会も設けています。

そして、つい先日より、コミュニケーションについて学ぶ「プロとしてのコミュニケーション力」という座学授業もスタートいたしました!

12コマある座学授業の中で、唯一、犬とは全く関係のない分野の授業です。
しかし、飼い主さんとどうコミュニケーションを取って信頼関係を築いていくか、「飼い主さんを教育していくか」は、非常に重要です!

今週はその授業を見学する機会もありますので、もし気になった方は是非ご参加をご検討ください~^^♪

ドッグトレーナーの学校の授業を覗いてみよう!
【スクール見学会】


対“犬”だけでない、ドッグトレーナーの知られざるお仕事の一面


「この人にはどういう話し方をすれば上手く伝わるか?」
「どうアプローチすれば心に響くか?」
ドッグトレーナーは実はそんなことも考えながら、毎日お仕事をしているんです。

ドッグトレーナーの知られざる一面を、今日のブログで感じ取っていただけたら嬉しく思います!

——————————-
【犬情報】を常に発信中!情報収集にご活用ください!

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー Facebook
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー Instagram
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー Twitter

NO DOG,NO LIFE ~ 犬は○○で学ぶ ~

こんにちは。
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の石田です。


「子犬の社会化」という言葉。皆様には、聞き覚えがある言葉かもしれません。プレイボゥでは必ずといいって良いほどよく、皆様へお伝えする言葉であり、重要な項目でもあります。
(子犬の社会化の説明はこちら:https://playbow-dogtrainers-academy.com/9834.php

 

 

犬同士のコミュニケーション

 

犬が2頭いる写真

犬同士・・・

「社会化」といっても、現代の人間社会において慣らす対象物を考えると本当に色々ありますよね。

なので本日は、【犬同士のコミュニケーション】についてピックアップ!
子犬の時期の社会化が重要なのか、を伝えている森山名誉校長のブログをご紹介いたします。

 

.。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。.

タイトル:
ボイシーは危険な犬?

本文はこちらから↓↓
https://playbow-dogtrainers-academy.com/9360.php

.。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。.

いかがでしたでしょうか?

 

 

犬は遊びを通して学ぶ

遊びを通して、咬む力を抑制することやボディランゲージを覚え、相手と絆を深めたり。犬同士は遊びを通して色々なことを学んで行くのですね。

逆に、遊んだことがない犬は犬同士のコミュニケーションを取ることが難しくなってしまい、恐怖心や警戒心に繋がってしまうこともあります。そしてそれが、吠えや咬みつき等のお悩み行動になってしまう可能性も・・。

人間に置き換えて想像すると、確かに保育園や幼稚園などで、友達と遊ぶことによって、絆を深めたり、コミュニケーションの取り方を学んでいきますよね。
また、遊ぶ時の相手への力加減や、喧嘩の仕方、仲直りの仕方なども身に付いたような気がします。

思い返すと、コミュニケーションの方法は学ぼうと思って学んだのではなく、幼い頃に友達に接して自然と学習していました。つまり犬も同様に、犬同士で接することで初めて学べるということです。

 

 

遊びも仔犬の時期に行うことが重要

このような犬同士遊びも、子犬の時期に行う、つまり社会化の一環として行うのが重要です。
成犬になってから学ぶことができないわけではありませんが、子犬は柔軟な精神で多くを学ぶことができるため、その時期に行うことをお勧めします。

そして、初めて犬同士で遊ばせる際は、犬のボディランゲージを読み取れる人が側にいると安心!
犬の保育園へ通う、ドッグトレーナーを頼るポイントの1つです。

もしも皆様の身近に犬を迎える人がいたら、ぜひ今日のお話もお伝えしてみてください!
「社会化」にも様々ありますが、より深く知っていただき、重要性を感じていただけると嬉しいです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー★

プレイボゥドックトレーナーズアカデミー

Facebook https://www.facebook.com/playbowacademy/

Instagram https://www.instagram.com/playbowacademy/?hl=ja

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー★

犬の問題行動の「問題」って・・・?

こんにちは。
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーの石田です。


徐々に過ごしやすい気候の日々が増えてきました。
私は、休みの日に目的もなく散歩をするのが好きなのですが、この時期になると、愛犬とお散歩をしている人にもよくすれ違うようになりました。


お散歩の様子をついつい眺めてしまうのも、犬に関わる仕事に就いている性なのでしょうか(笑)

犬が吠えている写真

他の犬や人へこんな様子のワンちゃんも見かけます・・

 

お散歩だけでも犬も飼い主様も様々

犬と散歩をしている人を見ていると、すれ違う人や犬に愛犬が吠えてしまい、とても困り顔の飼い主さんや、
同じ状況でも、これが日常といった様子でお散歩している飼い主さんなど、様々な様子が見られます。

 

さて、ここで突然の質問です。犬を飼っている皆さんは、愛犬のお悩み行動はありますか?

 

先ほど私が挙げた、困り顔の飼い主さんは、表情や雰囲気から愛犬のお散歩に悩んでいるいるのが伝わりました。

皆さんはどうでしょうか?

愛犬のお悩み行動はありますか?

愛犬のお悩み行動・・・・

吠える、咬む、トイレを失敗する、お散歩中引っ張る、飛びつく、コードを噛んじゃう、など、挙げられる行動はそれぞれあるかもしれません。

そしてこの「お悩み」行動が、犬の「問題」行動として、よく聞く行動でもあるかと思います。
ですが、今挙げた行動の数々、犬にとって「問題」でしょうか?

答えは、NOです。

ごく稀に病気的な要因から取る行動もありますが、吠える、咬むなどの行動は、犬にとって異常な行動ではなく、正常な行動です。

 

 

犬の問題行動の「問題」とは

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーでもよくお伝えしているのですが、犬の問題行動として、よく挙げられている行動の数々は、「飼い主が困った!と感じる行動」のことを指します。

問題行動と呼ばれていますが、犬にとっては正常な行動・・・
そう考えると、全ての行動を「ダメ!」とするのはどうなのか。
ある程度、自由に行動を取らせてあげるのも大事なのではないか、と思われる方もいるかもしれません。
もちろん、犬も動物ですので、可能な範囲での自由な行動は必要です。

しかし、むやみやたらに咬んでしまったり、人に飛びついて怪我をさせてしまったり、交通事故にあってしまったり…。

 

 

ドッグトレーニングの必要性

人と犬が共に人間社会で生きていくためには、人間が犬の危険から守るために「呼び戻し(リコール)」や「待て(ステイ)」等と言ったトレーニングを学び、
ある程度のコントロールができるようにする必要があるのです。

 

皆さんの愛犬は、危険回避を目的としたトレーニングは出来ていますか?
人間社会で、互いにストレス少なく過ごすため、犬も人も一緒に楽しく♪トレーニングをしていきましょう!

 

 

≪ドッグトレーナー養成講座
 2021年10月生募集!≫

詳しくはスクールの特徴をご覧ください。

↓ポチっと。

https://playbow-dogtrainers-academy.com/guidance2.php

ーーーーーーーーーーーーーー★

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー

■Facebook

https://www.facebook.com/playbowacademy/

■プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーinstagram

https://www.instagram.com/playbowacademy/

ーーーーーーーーーーーーーー★

NO DOG,NO LIFE ~運命のドッグトレーナーと出会う方法~

こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー依田です。
今回は、故森山名誉校長の過去ブログをご紹介いたします。

近年のドッグトレーナー事情

ドッグトレーナーと検索すると、たくさんの技術者が検索結果として表示されます。
私が10年前に愛犬のしつけ相談がしたくて、ドッグトレーナーを探していた時は、全くもって見つからなかったです。


今はすぐに相談が出来る、痒いところに手が届く、嬉しい時代へとなりました。
そして10年前より格段と、ドッグトレーナーの質が上がったのです。


運命のドッグトレーナーさんを見つけたい!という飼い主側の心情も湧いてきますよね?

理想のドッグトレーナー像

私が理想とするドッグトレーナー像をあげてみます。
愛犬の犬生を、ゆりかごから墓場まで共に見届けてくれる程の、心の温かい人が理想ですね^^。


少し、墓場までなんて物騒かも知れませんが、最期の看取りまで支えてくれる公私混同したドッグトレーナーさんがいたら素敵だなと思うのです。


これはあくまでも私の理想ですが、それを同僚に伝えたところ、「私は先生タイプ(理論的な人)が良いな。」と、人それぞれが求めるドッグトレーナーの理想があるのです。


その出会いの選定をしくじらない様に、皆さんに運命のドッグトレーナーと出会える方法を教えたいなと思います。

woman sitting and playing with dog outdoors

運命のドッグトレーナーと出会うことで、犬も飼い主もQOLが向上します。

運命のドッグトレーナーと出会える方法

ドッグトレーナーを探す時、しっかりとHPやSNSをリサーチしてみてください。
特にSNSは、ドッグトレーナーの人となりを知ることの出来る最強ツールです。


文章は如実に人柄が表れますので、是非そのドッグトレーナーが書く「愛」と「情熱」と「思い」を文章から感じ取ってもらうことで、価値観を判断できます。


プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー創立者の故森山敏彦名誉校長の過去メルマガを読んでいたところ、読む側の立場では無く、書く側の立場としての想いを熱く語っていました。


。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。

タイトル: ブログのネタはこうやって考える

本文はこちらから↓↓
https://playbow-dogtrainers-academy.com/9698.php

.。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。

 

運命のドッグトレーナーと出会える方法 まとめ

ブログはひと昔、SNSの中で特に大ブームでした。
今は廃れた感がありますが、まだまだ捨てた存在ではないのですよ。


起承転結があって、文章量もそこそこ稼げるブログは、ストーリー仕立てと構成が出来るので、読み手側の満足度も高いのです。


専門的になりますが、ブログはSEO対策も非常にしやすいので、キーワードを散りばめることが出来ます。
よって、多くの読者さんに共感を得られて、ファンになりやすい利点もあります。


書き手は想いを素直に書くだけで共感者が見つかり、読み手も知らなかった情報が得られて、双方良い事だらけしかない、シンプルな営業方法です。


これで運命的なドッグトレーナーとの出会いも探しやすくなるわけです。
なので、是非、選定方法の一つとしてその人が透けて見えるような文章を書いている人に着目されてみると良いことでしょう^^。

ドッグトレーナー養成講座
10月入学生・募集中!

秋から本気で犬の仕事を始めてみませんか?
犬の世界があなたを待っています!

詳細はコチラ

★———-★———-★

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー

■Facebook

https://www.facebook.com/playbowacademy/

■プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーinstagram

https://www.instagram.com/playbowacademy/

★———-★———-★