ドッグトレーナー養成スクールPLAYBOW ドッグトレーナーになりたい!応援ブログ ドッグトレーナーの仕事と役割

ドッグトレーナーの仕事と役割

こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局 兼 講師も務めております佐藤です!
皆さまはドッグトレーナーの仕事や、役割はどんなことだとイメージしますか?一番しやすいイメージとして、「犬をしつけたり、ドッグトレーニングしたりする人」をイメージされることも多いのですが、実はドッグトレーナーの役割はもっともっと奥が深いこと、ぜひ知っていただけると嬉しいです。

犬に「ハウス」を教えているシーンU^エ^U

ひと昔前のドッグトレーニングの考え方


現在と何十年か前までのドッグトレーニング方法は、考え方にも大きな違いがありました。ひと昔前の“犬のしつけ”というと一般的に飼い主は“犬のボスになる”ような考え方がありました。
しかし、時を経て現在、ドッグトレーニングの考え方の基本は、犬の飼い主は“犬の良きパートナー(安心できる存在)”として関係性を築く方が、犬との生活をより良く送ることが出来る、と言われています。
もちろんプレイボゥドッグトレーナーズアカデミーでは「飼い主さんが唯一無二の安心できる存在」になれるようも、ドッグトレーニングをお伝えしていますので、ご安心ください!

ドッグトレーナーの役割は?

さて、今回のタイトルにもあるようにドッグトレーナーの仕事と役割って考えたこと、ありますか?先ほども書かせていただきましたが、プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーでは、飼い主が犬の安心できる存在になれるようドッグトレーニングを使いサポートしていきます。これがドッグトレーナーの仕事でもあり、役割でもあります。


さらに一般的に犬の問題行動と言われる行動の原因には

・その犬の気質(性格)
・環境要因
・飼い主の接し方

など様々な要因が合わさっていることが多いです。

こういった原因を追究し、「飼い主さんといることが楽しい!」「飼い主さんといると安心する!」といった気持ちになれるようドッグトレーニングを行います。

つまり、ドッグトレーナーの仕事は犬にトレーニングって楽しい♪と感じてもらえるように、そして飼い主様が愛犬にトレーニング出来るようになるためにサポートすることが仕事です。

決して犬をトレーニングすることだけが仕事ではないのです。

ドッグトレーニングってかわいそう?

世の中的に「ドッグトレーニングってかわいそう」といった考え方もあるかもしれません。でも犬がドッグトレーニングに対してゲームに取り組んでくれるような感覚で「楽しい♪」「わくわくする!」「次は何する?!」と期待感をもってくれるよう接していれば、コミュニケーションをとる方法のひとつとしても成り立ちます。

日本全国の犬と暮らす方が自然と愛犬とコミュニケーションをとりながら、トレーニングに取り組んでくれることで、吠えや糞尿問題、咬傷事故による他者に迷惑をかけたりすることや飼い主様自身が育児ノイローゼのようなストレスをかかえることもなく、犬もハッピーな気持ちになれる。

そうすれば自然と殺処分ゼロにも近づく。

こう世の中が変わるようサポートするのもドッグトレーナーの大きな役割の1つだとプレイボゥは考えるのです。

まとめ

ドッグトレーナーがレッスンしている様子

今回お話に挙げました「ドッグトレーナーの仕事と役割」について、何となくイメージ出来ましたでしょうか?ドッグトレーナーの仕事は、犬にトレーニングって楽しい♪と感じてもらえるように、そして飼い主様が愛犬にトレーニング出来るようになるためにサポートすることが仕事です。
さらに究極のお話をすれば、ドッグトレーナーは犬のトレーナーではなく、飼い主様のトレーニングをするのが仕事だったりもするんです!
とっても奥が深いのですが、やりがい満載なお仕事ですので、ぜひご興味ある方はお問合せくださいね!