ドッグトレーナー養成スクールPLAYBOW ドッグトレーナーになりたい!応援ブログ 災害時、愛犬と避難しますか?

災害時、愛犬と避難しますか?

災害が起きたら…

こんにちは。
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の瀬尾です。

あっという間に9月になりましたね。
時間の流れがはやすぎて戸惑いを隠せません!(笑)

さて、そんな9月は防災月間!

この夏も日本全国で様々な災害がありました。
雨が影響した災害が多かった印象です。

たかが雨。
それでも予想外の雨量だったり、別の要因が重なることで甚大な被害になります。

被害にあわれた地域の方、心よりお見舞い申し上げます。

私たちが出来ることは、その経験から学び、二度と同じ悲劇を繰り返さないことですね。

愛犬家の皆さまは、日頃から防災について考えていますか?
お住まいの地域で被災したら、愛犬を避難所に連れて行けるか知っていますか?

災害時の愛犬との避難について

愛犬の受け入れが可能な場合でも、それが「同行避難」なのか「同伴避難」なのかで状況は変わっていきます。

「同行避難」とは、愛犬と共に安全な場所まで避難することをいい、避難所などで飼い主と愛犬が同室になり飼養管理することではありません。

「同伴避難」とは、愛犬と一緒に同行避難したうえで、避難所でも飼い主が飼養管理することをいいます。
この場合も同室で過ごせるというわけではなく、それぞれ避難所によって飼養環境は異なります。

ぜひ、皆さまもこの機会にチェックしてみてくださいね!
ちなみに私の地域では「同行避難」でした。

また、避難経路の確認やハザードマップでお住まいの地域がどんな場所かといった確認も併せてチェックしてみてください!

自治体によっては、愛犬と同行避難する避難訓練を行っているところもあるそうです。
もしお住まいの地域で実施されていたら参加してみてくださいね。

まとめ~災害時、何よりも大切なこと~

そして、愛犬と避難するうえで大切な事があります。

それは、飼い主様自身が無事であること!
愛犬を安全な場所に誘導し、守ることが出来るのは飼い主様なのです。
まずはご自身の命を守る対策、しっかりとたててくださいね。

過去の災害時では避難所で、「人にあげる水もないのに、犬の水なんてない」という会話が交わされたそうです。

避難所では様々な方がいます。
犬が好きな人だけではもちろんありませんし、犬アレルギーの方もいらっしゃいます。
通常時ではないため、皆余裕はありません。

そんな中で、愛犬、飼い主様、避難所にいる方たちが少しでもストレスなく生活するためには、日頃から愛犬の体調管理やトレーニングをしておく必要もあります。
これは災害時に限った話ではありませんが…。

では、どんなトレーニングが必要なのか等については、次回のメルマガでお話できればと思います。

参考URL:環境省「人とペットの災害対策ガイドライン」
https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/h3002.html

 

★無料オンラインセミナー★

東日本大震災で被災した当スクール講師によるスペシャルセミナー!

「災害までに私達ができること」
https://playbow-dogtrainers-academy.com/13397.php

シェルティー

一緒に避難出来ないの・・・??