ドッグトレーナー養成スクールPLAYBOW ドッグトレーナーになりたい!応援ブログ 犬のしつけの需要はない?

犬のしつけの需要はない?

こんにちは。
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の佐藤ですU^エ^U

いやー今日もとっても、とっても…暑いですね…。

本日午後は向ヶ丘教室にいるのですが、日当たりが良すぎて、暑いです…(^^;

ぼくレトリーブ

授業が終わったら遊ぼうねっ。

さて前回は動物業界への就職先があるにも関わらず、動物と関わる仕事を夢見ていた学生たちのほとんどは、動物と関わらない仕事へと就職していく、その理由についてお話していきました。

そして前回の最後に「就職先の数」も動物業界から他の業界の仕事へ就職する理由にもなっているのでは?というところで終わりました。

本日はその続きです。

佐藤は学生時代、“犬の訓練士”“ドッグトレーナー”になりたいと思い就職先をインターネットで調べてみると、求人はあるにはあるものの掲載数は少なかったり、そもそものお店自体が少なかったのです。

トリミングサロンはトリミングの技術がないから出来ませんし、動物病院では犬のしつけは個人事業主のトレーナーさんを雇っているところが多く、カフェドッグランもありましたが犬の訓練士ドッグトレーナーを募集しているわけではないのです。

結果的に佐藤は様々な巡り合わせのご縁あって、プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーを創立した故森山名誉校長に出会い、現在に至ります。

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーでは、犬に関わる仕事をしたいけど就職先があまりない…。
といった同様の悩みを抱えた方に“独立開業”という選択肢をご提案しています。

え、就職先がないってことは需要がないってことじゃないの?

と思われた方、実は需要、あります!

悲しいことに保健所に連れていかれる犬の約3割は飼い主自身が愛犬の行動に悩み持ち込むケース、と言われています。

このケースを減らすことが出来るのは正しいしつけトレーニングを提供できるドッグトレーナーです!

ちなみに故森山名誉校長は、専門学校での講師をしていた時代もありましたから就職先に悩みを抱えた学生をたくさん見てきていました。

そこで故森山名誉校長はドッグトレーナーとして独立開業をサポートできるプレイボゥドッグトレーナーズアカデミーを創立したのです。

そう、プレイボゥのカリキュラム内にはマーケティングといった集客面についての講義もあります!

そして卒業後もいつでも開業や、集客面の相談は無料で受けています!

卒業後もずーっとお付き合いできる学校でありたい、というのがプレイボゥのモットーでもあるので、ぜひぜひご活用ください。

プレイボゥはいつの日か全国にドッグトレーナーが溢れる日がくることを願っています。

そうすることで、犬の問題行動に悩む飼い主様が減り飼育放棄をされてしまう犬も減っていく

ここがプレイボゥが目指す殺処分ゼロなのです。