タグ: ドッグトレーナーになるには

 ドッグトレーナーになりたい!を応援するブログ

全員認定!

こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の矢川です。

自分は、プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー関西校の講師をしておりますので、セミナーや授業をすることも当然あるのですが、その他の仕事として試験の採点をすることもあります。

プレイボゥでは、認定トレーナーになるまでに3回試験を受けていただくことになっています。

試験の難易度としては、試験の回を追うごとに難しくなる感じですね。

授業や店舗での実習で学んだ事をしっかり理解できているかを自分なりに把握していただくため、とても大事な物
と考えています。

卒業までに数種の課題の提出、そして一番最後のテストに合格すると、晴れてプレイボゥドッグトレーナーズアカデミーの認定トレーナーとなるわけです。

これだけを聞くと「なんだか難しそう」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、自分の経験上、ドッグトレーナーになるという意思を持ち続けて、諦めない人が多く認定トレーナーになっているような気がします。

先日、関西校のある期の方々が全員プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーの認定合格者となりました!

どのような方々が合格されたかといいますと、、。

認定に合格された方々は20代~50代の女性でその期の半数以上は30~50代の方でした。

もちろんお仕事もされていた方もいらっしゃいましたし、主婦でお子さんがいる方も。

何より県外から通って来られている方も半数以上いましたので、ほんとに熱意がスゴイなと感じました。

また、この期の方々はそれぞれ仲が良く頻繁ではありませんが、集まって一緒に食事をする間柄だったようです。

一人で頑張るより、同じ目標を持つ仲間いた方が頑張れますよね!


みんなで

仲間がいれば頑張れる!


なぜ、今回このような文章を書いたかといいますと、プレイボゥに資料請求やお問合せのメールをくださる方々は、先に挙げた30~50代の女性、県外在住の方が結構多いのです。

そして、多くの方が、仕事と両立できるか、悩まれています。

つまり、そこであと一歩をふみ出せず、犬の事を色々と学べるチャンスを逃してしまっているのです、、。

今回、ご紹介した関西のアカデミー生のように、遠方に住んでいて忙しくても認定トレーナーになることはできます!

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーに少しでも興味を持たれている方は、アカデミー事務局スタッフまでお問合せくださいませ。

皆さんの不安をきっと取り除いてくれると思います!

犬の仕事

こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の石田です。

最近の近況報告を。5月末から、ついに、、、スクール説明会ご案内スタッフとしてデビューを果たしました!(拍手!)

 

皆さまに当スクールの魅力を沢山お伝えできるよう、頑張ってまいりますので、ぜひお気軽にご参加をお待ちしております。ちなみに、6月からは来校またはオンラインで随時説明会を開催しております!

 

と、宣伝しつつの報告となりましたが、またひとつ、成長できたかな、という気持ちと

 

皆さまとお話できる機会が増えたことにとても喜びを感じています。5月は主にオンラインでの画面越しでの説明会開催となりましたが、想像以上の緊張に襲われました。(笑)(小心者なんです)

生徒さんとお話をしている時はもちろん、説明会にご参加される皆さまのお顔が一番輝く瞬間があります。

 

それは・・・・・

 

『愛犬もしくは好きな犬(犬種)』のお話をされている時です!

 

ちなみに私は、幼いころから、ビーグルバセット・ハウンドなど大きな耳が垂れた犬が好きでした。ですが、小学生の頃、実際に迎えたのは大きな耳が特徴のパピヨンで、今では、パピヨンは私にとって特別な犬種です。

生徒さんや、来校者の方たちでパピヨンを飼っている方と出会うと勝手に親近感を覚えます。(笑)

 

このように、このメルマガを読んでくださる方々にも特別な犬種があるかと思います。

さて、ここで質問です!皆さまは、その好きな犬種についてどんなことを知っていますか?

そして犬種とはその種類によって作られた目的となる仕事があるのをご存じですか??

 

 

例えば、私の好きな【パピヨン

原産地:フランス、ベルギー

性格:活発で、優美だがたくましく、気品があり、軽快でエレガントな歩様をする。

用途:愛玩犬

石田家の犬

パピヨンのショコラです~♪

・・・・・・愛玩犬?

 

愛玩犬とは、家庭犬、伴侶犬としてかわいがることを目的に誕生した犬種

 

そう!つまりパピヨンは可愛がられる事が仕事。

 

そんなのありか!と突っ込みたくもなりますが、

16世紀のフランス、ルイ14世王朝時代では上流社会でもてはやされ、王妃マリー・アントワネットに寵愛された犬としても有名です。

 

 

このように、犬にはそれぞれ作られた目的となる仕事があり、その目的によって犬種のグループに分けられています。

 

他にも、私が好きなビーグルバセットハウンド嗅覚ハウンドというグループに属しており、獣猟犬として作られました。鋭敏な嗅覚を使い、猟を行う為、日常でも散歩中などの頻繁な匂い嗅ぎから誤飲などを起こしやすい可能性があります。

 

つまり、犬種によって出やすい問題行動があるのです。

 

ということは!その犬の目的の仕事を知る事で、事前に問題行動の回避ができたり、改善につなげることができるのです。

 

そしてそれは、ドッグトレーナーとして仕事をする上でも欠かせないポイントです。

 

現在は、インターネットでも簡単に犬種を調べることができます。皆さまもぜひ、お気に入りの犬種を調べてみてください♪

 

 

話を初めに戻しますが、生徒さんや来校者の方が、犬について語る瞬間のお顔が本当に素敵です。その表情をみているとついつい色々お聞きしたくなります。その際には、ぜひ愛犬のお話や、犬種のお話を聞かせてください!

 

 

皆さまとお話できる機会を楽しみに、説明会やセミナーのご参加お待ちしております!

目と目で通じ合う~♪

こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の石田です。

6月に入り、当スクールの授業も教室で行えるようになりました♪
2020年4月入学の生徒さん達とも、やっっっと直接お会いすることができ、どうかこのまま終息してくれ!と願うばかりです。

 

 

緊急事態宣言が解除され、久しぶりにアカデミースタッフと顔をあわせたり、家族や友人と会えた時にも感じたのですが、表情や雰囲気を感じながら話せるのはとても嬉しいことですね。

オンライン上や画面越しに頻繁に連絡をとりあっていても、やはり直接会えた時の高揚感はこの先も忘れないだろうと思います。

 

画面越しと対面の違いというと色々ありますが、やはり【目をあわせる】ことが画面越しでは難しい!

 

当たり前のことではありますが、目線を向けようと思うと自分自身はカメラレンズと目を合わせる状態になりますし、相手をみようと思うとどうしても相手からは目線が少し下がった状態になります。

コミュニケーションをとろうと思った時、この【目線をあわせる】という事が実はとても重要だったのだと、改めて再認識しました。そしてこれは犬のトレーニングにおいてもとても重要なことなんです!

 

【目線をあわせる】
つまりは
【アイコンタクト】

ケイティがこちらをみている写真

アイコンタクト!

アイコンタクトとは、単純に飼い主と目をあわせるだけではありません。
ドッグトレーナーの世界では、『トレーニングはアイコンタクトに始まり、アイコンタクトに終わる』
といわれる位、大切なものです。

 

これができると、トレーニングを行う際に、指示が入りやすくなったりするメリットもあります。
(当スクールでは、このアイコンタクトのトレーニングも実習の一環として学んで頂けます!)

 

 

少し余談になりますが、犬の目も、人の目と同様にさまざまな形や色があります。

 

さらに、瞳孔、水晶体、角膜、強膜、硝子体など共通している部位が多く、眼球の構造は非常によく似ています。また、暗闇で目が光っているようにみえたり、写真を撮ろうとしたら、目が赤や緑に光ってしまったなんて経験はありませんか?

 

 

それは、犬の目は「タペタム層」という細胞層があり、ここでわずかな光を反射し、暗闇でも周囲を見やすくするのだとか。

このタペタムがいわゆる反射板のような役割をするので、その光の反射によって、犬の目が赤や緑に光ってしまうのだそうです。

 

このように、眼球の構造は似ていても、その奥にある神経系の働きが人とは大きく異なり、人と犬とで「視る能力」に格段の開きがあります。脱線してしまいましたが、皆さまも、犬から向けられる視線にああ、きっとこんなこと伝えたいのかな、なんて感じたことはありませんか?

 

目と目で通じ合う~♪なんて歌詞もありますが、犬と人、アイコンタクトで心が通じ合えばとても素敵な毎日が送れそうです♪

 

ちなみに!当スクールのFacebookInstagramでも様々な情報やスタッフの日常を配信しております!

先日、アイコンタクトについても写真付きの記事がアップされていますのでぜひチェックしてみてください♪

 

■プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー
Instagram
https://www.instagram.com/playbowacademy/

Facebook
https://www.facebook.com/playbowacademy/

NO DOG ,NO LIFE

こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー神野です。

愛犬が、大好きなボールを両手に抱えて「うーーーーーーーーーーー。」と、唸ってます。

「うーーーーーーーーーー!」

「お手手にちょうだい。」と、伝えたところ、数秒悩んだ末に、私の手に渡してくれました。私も「ありがとう」と、おやつを代わりに犬に渡しました。愛犬はボールを気にすることなく、好物のおやつを受け取ってご機嫌です。

からの、この笑顔!

ここまでの過程、「普通では?」と思うかもしれません。しかし、この過程は私と愛犬が1人と1匹で成し遂げた成果であり、絆の証なのです。

というのも、今まで愛犬は、物を自分のものにすると一切返してくれませんでした。

絆を形成する前は、渡したくない!と、私に咬みつくことも経験させてしまったため、「ちょうだい」手を差し出すことに対して、犬にとって嫌なイメージがついてしまいました。

これを機に愛犬とトレーニングを重ねた「お手手にちょうだい」という練習

はじめは、いつまでかかるかな…と気が遠く感じた日もありましたが、「この子は必ず、分かってくれる!」
と信じて、1ヵ月コツコツと練習しました。中でも大切にしていた取り組みは、必ず練習の最後は犬にとって良い経験で終わらせてあげることです。

練習の成果もあって、私達の関係性はかなり良好となっていました。

きゃっほ~!楽しいね!

ある日のことです。私の手に「はい、どうぞ。」とボールを渡してくれたのです。
感動!泣きました!

犬の成長と、モチベーショントレーニングの素晴らしさを感じた瞬間でした。

この感動した経験、名誉校長の森山先生も、下記のブログで残しています。

ぜひ、我が子の成長を感じた記事を読んで頂ければ嬉しいです。

.。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。.

タイトル:お座り待てができない犬

本文はこちらから↓↓
https://playbow-dogtrainers-academy.com/9221.php

.。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。.

いかがでしたか?私の愛犬にも【学習曲線】がありました。停滞しても続けていれば、いつか身となり結果となるのです。

モチベーショントレーニングは確かに時間はかかります。
しかし、かかった時間の分だけ、愛犬との絆の繋がりを実感出来ることも強く感じることが出来ます。

あなたも是非、ドッグトレーニングを通じて、愛犬との絆を感じて欲しいです。

必ず、今まで以上に愛犬のことが愛しくて仕方なくなりますよ。

——————————————

モチベーショントレーニング
体験してみませんか?

【世界基準のドッグトレーニング体験】
↓↓↓
https://playbow-dogtrainers-academy.com/3867.php

日時:6月24日(水)14時~15時30分
場所:プレイボゥ向ヶ丘教室
(最寄り駅 小田急線向ヶ丘遊園駅 徒歩3分)
費用:500円(税込)

 

NO DOG,NO LIFE

こんにちは(*’▽’)

 

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の瀬尾です。

 

 

自由がきかない自粛生活の中、今まで、日々の生活に埋もれていた『夢』や『興味』に目を向ける時間が出来た方もいらっしゃったのではないでしょうか?

 

 

今の会社で、あと何年働くのかなあ。

 

ずっと在宅でいいかも。

 

愛犬と一緒にいられるし。

 

職場が犬と同伴出勤OKならいいのに。 

 

犬と一緒にいられる仕事ってないのかな。

 

 犬に関わる仕事が出来たらいいのに。

 

 ドッグトレーナーかあ。

犬のプロって感じ。

ちょっと興味あるなあ。

 

 でも、自分に出来るのかな。好きって気持ちだけじゃ無理だよね…

 

 

 

 

なんて、考えた方はいらっしゃいましたか?

 

 

 ちなみに上記の気持ちは、以前、私が考えていたことや、犬を飼っている知り合いから聞いた話です。

 

 

 色々考える時間があったからといって、ドッグトレーナーの世界によし!やるか!とすぐ飛び込んでみようと思える人は少ないと思います。

 

 

やってみたいけれど、独立とか開業なんて不安‥という方に当アカデミーの故森山名誉校長のブログをご紹介いたします!

 

 oo..oo..oo..oo..

 

タイトル:ドッグトレーナーとして独立開業

身を置くところ

 

 本文はこちらから↓↓

https://playbow-dogtrainers-academy.com/9354.php

 

.oo..oo..oo..oo..

 

 

 

いかがでしたか?

 

 

ドッグトレーナーとして活躍し、プレイボゥを作った故森山名誉校長ですら、最初はうまくいかない時もあったようです。

 

 

 そんな時は、とにかく情報収集!

 

色々な方面の活躍されている方に話を聞いて、軌道修正するヒントを得ていたようです。

 

 

また、人脈や仲間の存在も不可欠だったようですね。

 

 

 

プレイボゥでは、在学中はもちろん、卒業してからも生徒さんへのフォローは続いていきます。

 

 

さらに、心強いことに生徒さん同士のコミュニティもあります!

 

 

 

開業して頑張るのは自分ですが、決して1人ではありません( `ー´)g

 

 

プレイボゥのサポート制度、いっぱい利用しちゃってくださいね!

教室のケイティ

ひとりじゃないワン!

動物園の動物たち

こんにちは。
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の佐藤です⭐彡

今日とある動物園の動物が体重を測定するとのことで、その様子が動画にアップされていました。

 

「なんの動物だろう…?」

 

と気になり、動画を見始め、登場したのはホッキョクグマでした。

 

現在は通称シロクマ…とも言うようですが、厳密にはシロクマは遺伝的疾患により、生まれた白いツキノワグマがシロクマ…らしいです🐻。

 

話がそれました。

 

動画で登場していたホッキョクグマは体重測定のため、トレーナーに誘導され体重計がある場所へ…。

 

そしてトレーナーはある動きを取りました。

 

トレーナーは柵越しにこぶしを当て、すると、ホッキョクグマが🐽鼻タッチ🐽・・・。

 

その間に体重を測る、というシーンでしたが、そう!

 

これはハズバンダリートレーニング(受診動作訓練)と言われるシーンでもありました。

 

文章だとお伝えしづらいので、東武動物公園のアムールヒョウと一緒に公式のYoutubeにて“ハズバンダリートレーニング”について紹介されていましたので、映像を。

 

◆東武動物公園 アムールヒョウ
https://youtu.be/P-fKJ-oRUgk

 

いかがでしょうか。

 

モフモフの前肢が可愛い・・・🐾。

 

のはもちろんですが!笑

 

受診動作訓練またはハズバンダリートレーニングのイメージは、出来ましたでしょうか?

 

近年、動物園水族館などにいる動物たちには、アニマルウェルフェアという動物の福祉について様々考え取り組まれています。

 

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーでも、この動物の福祉についてしっかりと考え、取り組んだ実習内容となっています。

 

例えば・・・

 

先ほどのアムールヒョウの映像の中で、採血練習のため尾を触るシーンがありました。

 

プレイボゥの実習、そして犬に置き換えて似たようなシーンをご紹介しますと、マズル(口周り)もしくは、歯を見るための
診察時には、マズルに触れることが必須ですから、ドッグトレーナー養成講座では【あごのせ】という項目でこのハズバンダリートレーニングの大切さをお伝えしています。

 

【あごのせ】と聞くとトリック(芸)のイメージが想像できますが、トリックとしても可愛いですし犬にストレス少なく、診察を受けてもらう為の動作でもあるのです😆!

 

犬との生活をお互いストレス少なく送るためには必須のハズバンダリートレーニング

 

ぜひご来校いただいた際には「ハズバンダリートレーニングを見てみたいです!」とお声がけください!

 

運が良ければ、実習先の見学に生のトレーニングの様子が見れるかもしれません🎶
(当日いる保育園生が練習中の場合はお見せ出来ない可能性もあります。)

 

ち・な・み・に!

 

ドッグトレーナー養成講座の講師でもある児玉先生の愛犬ぼく君は、「いーっ」という芸が出来ます。

 

いーっ!

人の人差し指に上唇を当てて前歯を見せる!

 

まだ発展途上段階の「いーっ」なので完璧なハズバンダリートレーニングではありませんが、芸としても、とてもウケが良いです。

 

「可愛い」「ストレス少なく!」が一石二鳥で得られちゃう受診動作訓練(ハズバンダリートレーニング)ぜひぜひ覚えておいてくださいね⭐彡