タグ: ドッグトレーナーになるには

 ドッグトレーナーになりたい!を応援するブログ

通信講座でドッグトレーナーになれる?

こんにちは。アカデミー事務局の大竹です。
さて、先日は“ドッグオーナー通信講座”についてご紹介しました。本日はPLAYBOW Dog Trainers Academyが運営する「ドッグトレーナー養成講座とドッグオーナー通信講座の違い」や「通信講座受講でドッグトレーナーになれるのか?」を徹底解説いたします!

養成講座と通信講座、何が違う?

どっちを受講すればいいの?何が違うの?

PLAYBOW Dog Trainers Academyのドッグトレーナー養成講座【最大の特徴】は、子犬の保育園で行われるトレーニング実習です。実習は、子犬の保育園に実際に通っている多くの犬とともに取り組みます。実店舗ならではの実習の「濃さ」には自信を持っています。また、ドッグトレーニングだけを学んだところで、【仕事】として成り立たせなければ意味がない、とも考え、マーケティング面もフォローを行っています。

しかし私達は、より多くの飼い主さんに、「犬」に関する基本的な知識を身に付けていただき、愛犬との生活をより豊かなものにしてほしい、とも考えました。「ドッグトレーナーになりたいわけではないんだけど、犬について学べるコースはないの?」といったお声もいただきました。
そうして誕生したのが、「ドッグオーナー通信講座」です。“ドッグオーナー”という名前のとおり、飼い主として犬の基礎知識を得たい方に向けた構成内容となっています。

通信講座を受講すればドッグトレーナーになれる?

ドッグトレーナーとそのパートナー犬。とても強い信頼関係で結ばれています。

PLAYBOW Dog Trainers Academyは“質の高いドッグトレーナー養成を通じてペットの殺処分ゼロを目指す”ことを理念として掲げています。

では、“質の高いドッグトレーナー”とはどんなものでしょうか?
まず、私たちは「犬にトレーニングを教えるだけでなく、そのトレーニングを飼い主さんにレクチャーすること」がドッグトレーナーの仕事であると考えます。犬も飼い主さんも、その性格は様々。そのため、起こる問題行動や解決に向けたアプローチ方法も様々です。ドッグトレーナーは、その犬と飼い主さんに合わせたトレーニング方法を提供しなくてはなりません。
つまり、質の高いドッグトレーナーになるためには、豊富なトレーニング経験や飼い主さんへの適切なレクチャー能力が必須です。それらを養うものとして私たちが取り入れているものが、冒頭でお話したドッグトレーナー養成講座の“トレーニング実習”です。

ドッグオーナー通信講座では、飼い主さん向けの“犬の基本的なしつけ”のみにフォーカスしている内容です。対面でのトレーニング実習や、飼い主さん(お客様)へのトレーニンングのレクチャー方法のフォロー等は行われません。そのため、ドッグトレーナーとして生計を立てていきたい、という方にはドッグトレーナー養成講座の受講をお勧めします。

目標は変わってもOK

「愛犬のために」「これから迎える犬のために」という目的でドッグオーナー通信講座の受講し、学び始められたとして。“犬”とは、そして“ドッグトレーニング”とは、とても奥深いものです。その奥深さに心惹かれ、犬やドッグトレーニングについてもっと知りたい・極めたいと思われるかもしれません。そうなったときは、ドッグトレーナー養成講座への受講転換をお勧めします。
ドッグトレーナー養成講座では、直接ドッグトレーナーからのトレーニング指導が受けられます。また、犬の問題行動・飼い主さんからのカウンセリング方法等に関する座学授業を対面で受けることが出来ます。

最後に…

犬とのより豊かな共生を実現するために…あなたに合った方法で“犬”について学びませんか?

愛犬のために学ぶもよし、ドッグトレーナーになるために学ぶもよし。ご自身に合ったツールで犬を学び、犬との生活をより豊かなものにしていきませんか?
最終的な目的は人それぞれですが、「犬が大好き!」という想いを、PLAYOW Dog Trainers Academyは応援いたします。

【徹底解説】あったほうが良い?!ドッグトレーナーの資格

こんにちは。アカデミー事務局の佐藤です。
突然ですが皆さまはドッグトレーナーの資格について、調べたことはありますか?

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーに来校されるお客様とお話する際に、高確率で質問をいただく『ドッグトレーナーの資格』について。
医師には医師免許、調理師には調理師免許・・・といった様々な公的な資格がありますが、今回ドッグトレーナーの資格はどんなものなのか、徹底解説したいと思います!

ドッグトレーナーの資格って、たくさんあるような…。

ドッグトレーナーの資格にはどんなものがある?

まずドッグトレーナーの資格は、国家資格ではありません。
つまり、それぞれの団体が認めているドッグトレーナーという資格になるため、医師免許や調理師免許のような公的な効力は持たない、というのがドッグトレーナーの資格の特徴です。

例えばプレイボゥドッグトレーナーズアカデミーでは、「プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー認定資格(PA認定ドッグトレーナー)」という資格を発行していますが、これは簡単に言うなれば、「プレイボゥが認めたドッグトレーナーですよ。」という証明書のようなものなのです。

ちなみに現在、犬業界(動物業界)で公的な効力を持つ国家資格は獣医師のみとなっていますが、令和に入り、これまで民間の資格であった動物看護師が“愛玩動物看護師”という名前で国家資格になる法が施行されました。令和5年に第1回目の試験が行われる予定のようですので、これ以降は、犬業界での国家資格は獣医師と愛玩動物看護師の2つとなります。

ぶっちゃけドッグトレーナーの資格はなくてもOK?!

上記項目での説明に続きますが、ドッグトレーナーの資格だけに観点をおいてお話をすれば、ドッグトレーナーの資格は国家資格ではなく民間の資格になるため、持っていなくとも開業が可能である、といえます。ドッグトレーナー以外にもトリマーという犬と携わる仕事も同様です。

つまり、ドッグトレーナーの資格を持っていなくとも「私はドッグトレーナーです。」と活動することが可能になるのです。

しかしお客様である犬の飼い主様は、資格を持っていないドッグトレーナーより、資格を持つドッグトレーナーを選ぶ方が多いかと思います。
そしてその資格が公的な効力を持っていなくとも、飼い主様にとっては「このドッグトレーナーさんはどこで学んだトレーナーさんなんだろう?」とドッグトレーナーを選ぶうえでの1つの選択材料になります。

ということでプレイボゥドッグトレーナーズアカデミーでは、「ドッグトレーナーの資格はなくても開業できるが、持っていた方が良いですよ。」とお伝えしています。

それではドッグトレーナーの資格を何かしら持っていて(もちろん持っていなくても)、開業の意思があれば、すぐに開業できるのか?
実はドッグトレーナーの資格を持っているだけでは、開業は出来ません。

ドッグトレーナーを含め、犬と関わる仕事をするにあたって必要な資格

犬と携わる仕事を開業するためには、開業する地域の保健所等に動物取扱業という登録をしなくてはいけません。この動物取扱業を申請するには、必須の資格や要件があります。大きく分けると次の2つが必要です。

・公平性及び専門性を持った団体が行う客観的な試験によって得た資格
・開業する内容に関する半年以上の実務経験

「公平性及び専門性を持った団体が行う客観的な試験によって得た資格」は、動物取扱業を申請することが出来る民間の資格を持っていること、ということになります。
詳しくは、各自治体のホームページ等で動物取扱業の申請について、といったページをご覧いただけると、「公平性及び専門性を持った団体が行う客観的な試験によって得た資格」にはどんな資格が含まれるのか、確認することができますよ。

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーで発行している「プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー認定資格(PA認定ドッグトレーナー)」は、この資格には該当しないため、この資格とは別に、該当する資格を取得する必要があります。
プレイボゥでは、日本ペットシッター協会さん(http://www.pet2211.com/)と提携し、資格取得していただくカリキュラムを組んでいますので、独立開業を視野に入れられている方にもお勧めです。

そして上記と合わせて「開業する内容に関する半年以上の実務経験」という要件も必要になるため、ドッグトレーナーを始めとする犬と関わる仕事に興味をお持ちの方は、実務経験が必要なことも視野に入れて学校探しをされると良いかと思います。

資格よりも、もっと大切なこと

ここまでのお話で、ドッグトレーナーを仕事とする場合には何が必要か、資格は必要か…という点がイメージできたかと思います。
そして多くの方は、「ドッグトレーナーの資格は持っていないよりかは持っていた方が良い」とイメージされていることと思いますが、実はもっと大切なことがあります。

では皆さまが犬の飼い主であるお客様だったら…と仮定してみましょう!
何を基準にドッグトレーナーさんを選ばれますか?

・ドッグトレーニング技術
・料金
・対応エリア

実は多くの飼い主様は、『ドッグトレーナーの人柄』を基準に選ばれます。
どんなに素晴らしいドッグトレーニング技術を持っていても、犬の飼い主である自分と合わないと、継続しにくいですよね。
さらにはドッグトレーニングは継続して初めて結果が出るものですから、人も犬も楽しくトレーニングに取り組めるよう、自分に合った人柄のドッグトレーナーを選ぶ方が多いのです!

まとめ

犬まみれの仕事は楽しさ満載、やりがいもあるよ!

いかがでしたか?
たくさんあるドッグトレーナーの資格について取得することはもちろん大切ですが、動物取扱業を申請するための資格を持つこと、半年以上の実務経験をすること、そしてとても大切なホスピタリティの心も忘れずに、ドッグトレーナーやその他の犬に携わる仕事に携わっていただけると嬉しいです!

冬支度

こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の石田です。

 

最近の近況報告をすると、つい先日、やっと衣替えを完了しました。

 

すでに朝晩、だいぶ冷え込むようになっていたので、寒がりな私は、早急に衣替えをせねば!と焦っていました・・・

焦りすぎた結果、すでに厚手の布団、腹巻、靴下、インナー全て冬仕様に変えてしまった為、

これからさらに寒くなる季節、果たして耐えられるのだろうか・・?と不安な日々を送っています。(笑)

 

 

人間の寒さの感じ方は筋肉量によって異なるなんて話をよく聞きますが、

インドア派筆頭の私が、筋肉量を増やすのはなかなか困難でしょうし、このまま寒がりとして対策を練った方が効率がよさそうです。

 

 

以前、私が飼っていた愛犬もとても寒がりな犬で、冬は、ぬくぬくとした場所にいけば愛犬がいる、というのが日常茶飯事でした。

 

 

犬は人間よりも体温が高い分、多少は寒さに耐える力があります。

 

 

しかし!

 

 

人間でも寒がりな人と暑がりな人が分かれるように、犬でも寒さに弱い犬種の特徴があります。

 

寒がりな犬の特徴としていくつか挙げられるのは、

 

まず、小型犬。身体の小さい犬は、熱を放散しやすく、体温維持することが難しいため、寒がりな子が多いそう。

そして、短毛種であること。毛が短い分、身体から熱を放散しやすく、寒さに弱い傾向があります。また、犬の被毛の構造によっても寒さの感じ方が異なります。

 

犬の被毛は、シングルコートダブルコートと呼ばれる2種類の構造があります。どちらも、太くて固いオーバーコートとその内側に柔らかいアンダーコートという2重構造になっていますが、シングルコートの被毛は、体温を保温する為のアンダーコートが、わずかしかないため寒さに弱くなっています。

 

 

その他にも、子犬や老犬は、成犬に比べ、体温調節の機能が弱く、寒がることが多くなります。

上記で上げた以外にも、犬の飼育環境によっても変化がでてくるため、当てはまらなくても寒がりな犬も沢山いますので、その犬の様子をしっかり観察することが重要です。

あーちゃんの写真

しっかり様子を観察してください~!

ちなみに、以前は、原産国が寒い国だと寒さに強く、暑い国だと寒さに弱い傾向がある、とも言われていたので、

 

ご自身の愛犬の犬種について理解することは、こういった時にも役立ちます。

 

 

もしも、小刻みに震えていたり、丸く縮こまっているなど、寒そうなサインをみたら、室内の温度を上げたり、毛布などを使用するなど、その犬にあったケアをしてげましょう!

 

 

気温が下がり、体が冷えてしまうと、免疫力が落ちてしまったり、血行が悪くなったりと、人も犬も体調を崩しやすくなります。

 

寒い季節を迎えるにあたって、犬の体調変化にも気を配りつつ、元気に乗り越えていきましょう!

Time is ・・・?

こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の石田です。

 

昨日は、金木犀の香りからを感じた、というお話しをしましたが、2020年も気づけば10月下旬。

今年は例年以上に時が経つのが早いと感じます。

 

人が年を重ねるごとに1年を早く感じるのは、1年間で体験する出来事がルーティン化し、脳に伝わる刺激が少なくなるから、という話をきいたことがありますが、

 

今年は、新型コロナウイルスに始まり、今までに経験したことのない出来事が次々あったにも関わらず、早いと感じる。あの話は違ったのか・・・?などと考える毎日です。

 

 

このように、人には時間の感覚があり,その感じ方は人それぞれですが、

犬にとっての1日の体感時間は、どのくらいなのか皆さんご存じですか?

 

なんと、人間の時間であらわすと約7時間

 

つまり人の約3分の1ほどしかないということになります。

 

 

それをもとに考えると、

例えば、飼い主さんが朝から夕方までの7時間前後、仕事や学校で家を不在にする場合、

犬は、人間でいう丸一日分、飼い主さんと会えない感覚でいるということ。

 

 

これが、さらに伸び、飼い主さんが朝から晩まで1日中不在となると、犬は、人間でいうところの、3日間も飼い主さんと離れていると感じることになります!

 

3日間・・・長いですね。

 

これをもとに、愛犬との日常生活を考えてみると、

例えば、飼い主さんが不在だったり、忙しかったり、天気が悪かったりで散歩に2日間ほど行けなかったとします。

その場合、犬は、人の時間感覚で表すと約1週間散歩に行けないと感じてしまいます。

 

1週間外にも出ず、ほぼ歩くこともしない・・人に置き換えても、なんだか息がつまりそう。

 

ちなみに、私の場合は、春に行われた緊急事態宣言中の運動不足・日光不足なもやもやとした生活が思い出されました(笑)

このように想像すると、犬も大きなストレスを抱えてしまうことが理解できるのではないでしょうか。

 

 

また、犬とは本来、人間と共に生活していく過程で、様々な仕事を担う目的で作られました。

 

例えば、匂いを嗅いで、獲物を追いかけたり、その居場所を吠えて知らせたり・・・

 

つまり犬には、そういった行動をしたいという本能的欲求が備わっています。

 

外での散歩は、そういった欲求を満たしてあげたり刺激を与える為にもとても重要なものなんです!

石田家の犬の後ろ姿

外でのお散歩はメリットたくさん!

ですが、散歩に限らず、なかなか外出ができない時は勿論誰にだってあります。

 

そんな時、私は、どうしたかというと、家での筋トレや、ただひたすらに本を読んでエネルギーを消費する努力を
していた気がします。

 

これも犬に置き換えて考えてみましょう。

 

 

もしも、お散歩のタイミングを逃してしまったならば、犬と一緒にお家でできることを考えてみる・・・

 

例えば、知育玩具を使用してみたり、お部屋の様々なところや、毛の長いバスマットなどにオヤツを隠し、嗅覚を使った宝探しゲームを行ってみたり、

 

はたまた普通のかくれんぼをしてみたり・・

家の中でも、愛犬が楽しんで、なおかつエネルギーを発散できることを一緒に実践することで、ストレス発散に繋がっていきます。

 

さらに、飼い主さんと一緒に行うという経験が、犬との絆をさらに深めます!

 

 

時間という概念は、人間だけのものかもしれません。しかし、犬と過ごす時間は皆さんにとってかけがえのない時間であると思います。

 

その時間が犬と人どちらとっても充実したものになるよう、

皆さんもぜひ、犬と人の時間の感じ方を考えながら、共に過ごす時間を大切にしてみてください!

ここ近年変わった入学理由

こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー神野です(*- -)(*_ _)ペコリ

10月がはじまりましたね。当スクールでは、ドッグトレーナー養成講座【45期】の授業が始まりました。「気づけば45期生かぁ…」と感慨深い想いへとなります( ;∀;)

心がワクワク💛とする学びは、脳が活性化され、格段に記憶力も上がります

皆さん、犬を学ぶ意欲が非常に強く、キラキラ🐶✨と輝いていて、自分も頑張らなくちゃ!!と感化される思いです。

目からビーム

当スクールでは社会人の方が多く通学されています。セカンドキャリアを想定しご入学される方が多いのですが、何年越しで生徒さんたちと関わってきた中、最近、入学理由への変化が出てきたことに気が付きました。

Aさん
【愛犬のことをもっと理解し、良い関係を築きたい理由で入学しました。】

Bさん
【これから犬を迎える準備として、犬の基礎をきちんと学んでから、お迎えをしてあげたい。】

Cさん
【保護犬たちにトレーニングをし、素敵な家族に迎えてもらえるように活動したい。】

 

ドッグトレーナーを職業選択に考える方が圧倒的な中、飼い主として愛犬に向き合うため、入学される方が増えたことは実に変化だと感じました。この背景には、飼い主の犬への意識が非常に高く変わってきているんだなと感じています。

非言語であっても、犬はコミュニケーション能力に優れた動物です。

「水が飲みたい」

「お腹がすいた」

「散歩に行きたい」

「遊ぼう」

等、全体で表現をし、人へ伝達しようとします。その伝達を飼い主側が瞬時に汲み取れたら、嬉しいことですよね!犬側も意思が伝わると、今まで以上に飼い主への信頼度が増すことでしょう。

現代の時代的価値観は「犬を飼う」ではありません。正しくは「犬と共に暮らす」です。

素晴らしい家族関係を築くために、ドッグトレーニングは限られた人が学ぶものではなく、犬を迎えたならば、知り得ていなくてはならない時代になってきたと感じています。

愛犬は唯一無二の存在であり、大切な家族ですからね^^。

 

今悩んでいる方も来年からスタートを切り、私たちと一緒に走り出してみませんか?

ヒントは体のどこかに

こんにちは。

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の瀬尾です。

 

 

少し前のことですが、中目黒教室に出勤中、前方からお散歩中のミニチュアシュナウザーが近づいてきました。

 

交差点にさしかかり、信号待ちをするシュナウザーと飼い主様。

 

飼い主様の「おすわり」の指示で、スチャッとお座り。

 

飼い主様の顔をジーっと見つめながらしっぽを小刻みに振り振り

短いしっぽが精一杯喜びを表現していてなんとも愛らしい。

 

 

なにより、シュナウザーと飼い主様の固い信頼関係が見て取れて朝からなんだかほっこりしちゃいました。

  

東ちゃん

短くたって感情表現出来るんです♪

瀬尾家で飼っていた犬も信号待ちなどで同じように座ってくれましたが、

 

太い立派なしっぽが自慢のラブラドールだったので、きちんと座れていても、

しっぽがビョーンと後ろに伸びてだいぶ幅をとってしまっていたこと、
そして、それを左右に振ろうものならワイパーのごとく動き、その場にある小石などを吹き飛ばしていたな

なんてことを思い出しました。

 


短くても長くても、犬はしっぽで色々なことを私たちに教えてくれます。

 

 

犬のボディーランゲージを見るときも、しっぽは観察すべきポイントの1つというのは皆さまもすでにご存知だと思います。

 

 

ただ、

 

しっぽを振る=嬉しい

 

だけではなかったりします。

 

 

ボディーランゲージを見る時は、1部分だけを見るのではなく、しっぽ以外にも

耳、目、口周り、背中、重心など他の部分も見て総合的に判断することがポイントです。

 

 

 

私たち人間も表情だけ見れば笑顔なのに

 

全身を見た時、

腕組みして貧乏ゆすりしている人を見たら、 

あ、笑ってるけど心は全然笑ってなーーーい!
むしろそろそろ爆発するかもー

とヒヤヒヤしますよね()

 

 

また、

 

犬のボディーランゲージはコロコロと変わるので、瞬時に見て判断するのはなかなか容易ではありません。

 

私も出勤時スタッフの犬がいる時は、今よりもっと細かくボディーランゲージを読み取るために特訓している最中です!

 

 

ぜひ、皆さまも愛犬や近くにいる犬をいつも以上に観察して、犬からのメッセージ読み取ってみてくださいね!