タグ: ドッグトレーナーになるには

 ドッグトレーナーになりたい!を応援するブログ

ボディランゲージ以外の情報伝達

 

こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の石田です。


先日のメルマガにて、犬のボディランゲージについて触れました。
(先日のメルマガの内容はこちら

 

犬は社会性の高い動物!

その際にも触れたように、犬は言語を用いない動物です。

しかし、犬は社会性が高い動物ですので、お互いの「情報伝達」というのは
群れの安定性やエサの捕獲、子の育成など様々な場面において非常な役割を担います。

特に、犬の群れは高度に発達しているので、社会コミュニケーション能力も高い傾向にあるのです!

コーギー2頭の写真

コミュ力高めです~( *´艸`)

 

また、犬同士の関係におけるコミュニケーションの表現方法を、
人に対しても同じように使用する方が多いため、先日話題に挙げた「ボディランゲージ」など、
犬が表現するシグナルを理解し、適した対応をしていくことが、
犬と共に過ごしていくうえで、役立つのです!


では、犬のコミュニケーションには
「ボディランゲージ」以外にどのような方法があるのでしょうか?

 

犬のコミュニケーション例①

その1)聴覚を介したコミュニケーション

犬は発声によるコミュニケーションが発達しており、他の野生のイヌ科動物と比較しても、声のレパートリーが多様です。

レパートリーが多い分、同じような発声でも異なる意味をもつ場合が多いので、
私たちがこれらを理解する為には、発声とあわせ、犬の表情や姿勢を相互的に理解することが重要です。


例)
「吠え」
警戒、警告、防御、恐怖、遊びの勧誘、挨拶、関心の要求などを目的に発せらます。
このように、吠えだけでも沢山のレパートリーが!

声の強さ、高さ、持続時間もさまざまです。
例えば、高い周波数の吠えは挨拶や遊びに誘う時に。、低い声は警戒や警告、防御時に発せられることが多くなっています。


「唸り」
一般的に威嚇や防御のために発せられることが多いが、遊びや関心を得るためなどの目的でも認められています。
低い声で、1~数秒の長さで、飼い主との遊びのでも発せられることがあり、おそらく興奮とともに認められると考えられています。

 

犬のコミュニケーション例②

その2)嗅覚を介したコミュニケーション

実は、犬(猫も)は嗅覚を介したコミュニケーションが大変多いといわれていますが、まだ謎が多い部分でもあります。
おそらく種、性別、発情周期、個体識別、健康状態、情動的状態などの情報が嗅覚を介して伝達されているよう。
ちなみに、この情報の一部はフェロモンを用いて行われてると考えられています。


例)
「アポクリン腺と脂線分泌物」
犬の耳や口、鼠径部、肛門周辺、肉球にある皮脂腺から排泄されていて、
初めてあった犬たちが嗅ぎ合っているのはこの匂いだと考えられています。

この匂いには、テリトリーの主張、仲間同士の挨拶の意味があり、
さらには、匂いによる情報だけでなく、周りにいる他個体へマーキング姿勢を見せることでも
触覚を介したコミュニケーションでもあるとされています。


このように犬は、視覚を介したコミュニケーションである「ボディランゲージ」以外にも、
聴覚・嗅覚・触覚を介した情報伝達を多様に活用しているということなんです。


そして、大切なのは「多様なコミュニケーションを同時に活用している」ということ。

例にも挙げた「吠える」という行動でも、感情は様々です。
その犬がどのような環境・状態・姿勢で吠えているのかを同時に観察し、
意図を理解してあげる必要があるのです。

この辺りは、人同士のコミュニケーションも同様ですね(>_<)

今回の例もごく一部ですので、ご興味のある方は、
ご自身の周りにいる犬がどのようなコミュニケーションを行っているのかぜひ沢山観察してみてくださいね♪
そして、一緒に犬を理解していきましょう!


(参考図書:犬と猫の行動学 基礎から臨床へ)

犬を理解するための重要項目とは?

 

こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の石田です。

ここ最近、「猫」を主人公にしたゲームに夢中になっていました。

猫の顔がアップの写真

猫が主役です~!

 

猫のリアルな動きに圧倒

とある迷い猫が主人公となり、謎のサイバーシティからの脱出を目指すというアドベンチャーゲームなのですが、
猫の動きのリアルや映像のリアル感に惹かれ、つい毎日プレイしてしまいました。

このゲームを開発した会社では、3匹の猫がスタッフの方と出勤しているようで、
その3匹を参考に今回がゲーム完成したようです。猫がいる職場も魅力的ですね( *´艸`)


とはいえ、私はいままで猫を飼育したり、触れ合う機会が少なかったので
「猫ってたしかにこんな動きしてる」「リアルだなー」という感想を抱きながら、
自分が猫になった気持ちでゲームを進めていましたが、
猫を数匹飼育したことのある知人に同じゲームを進めてもらうと、主人公の猫の行動や鳴き声に対して、
「あー、それは嫌だよね」「喜んでる、かわいい」などなど、より明確な感想をつぶいていました。


そう、知人は主人公の猫の気持ちをボディランゲージ等から細かに読み取り、
より深くゲームを楽しんでいたのです!

正直、「羨ましい・・・・・!」と思いました。(笑)

 

ボディランゲージはこんなシーンでも役立つ!

なんて羨ましい気持ちや、少し悔しい気持ちもありつつ、
やはり「ボディランゲージ」を理解しておくと色々な所で役立つことをゲームでも実感しました。


今回は猫のボディランゲージでしたが、
犬もボディランゲージから読み取れることが沢山あります。

むしろ犬は、人間とは異なり言語を用いない動物ですので、
犬にとってのボディランゲージは、【いぬ語】、つまり犬を理解する為にはとても重要なんです(^^♪

とはいえ、「ボディランゲージ」という言葉は知っているけど、
具体的なイメージがつきにくいという方もいらっしゃるかもしれません。

 

ボディランゲージの例

例えば・・・犬が首を伸ばしている時。
どんな気持ちを表現していると思いますか?


首を伸ばすと一言で言っても、色々な状況がイメージできますよね。

様子を伺うように首を伸ばすしぐさをしているときは、様子が気になり、興味を覚えているけれど、
その後の行動を決めかねている状態だったりします。

ですが、首が肩より低く前に伸ばされている時は、たいてい攻撃をしようとする構えがあることを示しています。


これはボディランゲージのごく一例ですが、一つの動作において、
それがどのような状態・環境での行動なのかにより正解は異なってくるのです。


ボディランゲージを理解するには、愛犬はもちろん、多くの犬の様子をみて、
観察力を身につけていくことがとても重要です。


ちなみにプレイボゥでは、実習に多くの犬たちと触れ合いながら、
講師であるトレーナーからも随時、ボディランゲージの解説があるので、見て・聞いて、観察力を高めることができるのです!


犬たちの気持ちを正しく理解してあげられるようになったら、
犬との絆形成はもちろんのこと、一緒に過ごす時間がさらに充実したものになりそうですね。


今日はボディランゲージについてのご紹介でしたが、他にも犬の感情を読み取るヒントは沢山あります!

気になる方は、こちらもぜひご覧ください♪
【犬の足跡から感情を推測】

https://playbow-dogtrainers-academy.com/33374.php

 

本日のお話で犬のボディランゲージに興味を持ってくださった方は、
ぜひ、身近な犬たちの行動・動作にに注目してみてくださいね(^^)


余談になりますが、冒頭でお話したゲームの犬バージョンが出ないかな、と
密かな希望をいただいている石田でした。

犬の耳やしっぽ、わかりますか?

 

突然ですが・・・質問です!

突然ですが、皆さんへ質問です!

Q:犬の耳や尻尾だけをみて、犬種を推測することってできますか?

ビーグルの写真

耳や尻尾だけで分かるかな~?


ぜひ想像してみてください!
耳や尻尾だけをみて・・・犬種を当てる・・・・・
難しそうですね(>_<)


皆さんの答えは決まりましたか?

A①:やってみないと分からない

A②:愛犬や好きな犬種なら・・・

A③:無理そう!

A④:自信ある!


ご自身の答えに近いものはありましたでしょうか(^^)?

 

プレイボゥでも犬クイズに挑戦!

なぜ唐突にこのような質問をしたかといいますと、
先日、プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーの講師2人が実際に
「犬の耳や尻尾だけで、犬種をあてられるか」というクイズに挑戦したからなんです!

犬の全身写真から耳や尻尾以外を隠し、
犬種を推測するというクイズでしたが、これが意外と難しい!


犬種特有の特徴が掴める問題もあれば、
個体によって毛の長さや色合いで悩みに悩む問題もありました。

答えは全て犬種図鑑に!

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーでは入学時の参考図書の1つに「犬種図鑑」を挙げています。


図鑑にもよりますが、約400種以上の犬種の写真や特性がズラーっと掲載されているので、一度開けば夢中になり、ずっと見ていられる魔法の本でもあります(笑)

犬種図鑑を見ながら好きな犬種や気になった思った犬種の名前を覚える、なんて経験も
犬好きの皆さんには共感いただけるかもしれませんね♪

現在、犬種は非公認のものも含めると700~800種あると言われています。
「犬」という動物の中だけでこれだけの数の種類があるというのは、実はとってもすごいことだと思いませんか(^^)?

犬種の数が多い理由。

これほど多くの犬種が存在する理由として、「犬は人とともに生活する」ということがあげられます。

犬は人とともに生活していく中で、人とともに「仕事」をするようになり、その仕事にあった姿形となるよう交配が進められました。

「仕事」の内容は多岐に渡る為、それに伴って犬種の数も増えていった、ということなのです!

さらに、各仕事にあった特徴ごとに犬は10のグループに分けられています。
グループによって犬種の特徴は異なり、その特徴が愛犬と生活する際にも大きく関係してくることが・・!

例えば、私が某アニメーション作品の影響で、幼い頃好きだったバセットハウンドという犬種。

バセットハウンドは嗅覚ハウンドというグループに属しており、とても鼻が利きます。

優れた嗅覚を持つため、日常のお散歩でも頻繁に匂いを嗅いでいて
前に進まない・・!道に落ちていた何かを誤飲してしまった・・!なんてことが起こる可能性が。

つまり、犬種によって出やすい「お悩み行動」があるということです。
こういった知識を前もって知っていれば、
事前に愛犬の問題行動の回避ができたり、改善につなげることができると思いませんか?


ただひたすらに眺めていた「犬種図鑑」も、このような意識をもって読んでみると
楽しさ、面白さが倍増します!

皆さんもぜひ、気になる犬種の特徴をチェックしてみてください♪


さらに、耳だけ尻尾だけでもその犬種が推測できるよう
全身写真や色の種類も確認し、お友達やご家族同士でクイズをしてみるとさらに楽しさがひろがるかもしれません!(笑)


冒頭でご紹介したクイズの様子は、
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーのインスタグラムや
Twitterからチェックできますので、ぜひご覧くだください♪


■アカデミーinstagram
https://www.instagram.com/playbowacademy

■アカデミーTwitter
https://twitter.com/Playbow_academy

 

犬のお仕事に就くために心得てほしいこと

 

ご来校者の雰囲気

こんにちは。
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーの依田です。


プレイボゥへ足を運んでくださるご来校者数は年間3桁におよびます。
当たり前ですが、皆さん犬の事が大好きな方々です。


年齢的には20代~50代の社会人の方や、主婦の方も最近は増えてきました。
あと、男性・女性比も以前は圧倒的に女性が多かったのですが、ここ数年で男性も上回る勢いです。


そしてご来校理由の多くは、ライフワークとライス(ご飯)ワークを【犬】で実現したい!
いわゆる、好きなことで仕事を実現したいと思われている方々ばかりです。


時代は変わりました(しみじみ)。

 

 

辛いことが仕事なの?

昭和生まれの私が、新卒当時、めちゃくちゃ就職氷河期ということもあり、就職するなら「安定企業」「終身雇用」と、根っこから大人たちに植え付けられた時代でした。
なので好きなことを仕事にするのは非実現的で、一握りの人間しか実現出来ないものと考えていたのです。


仕事とは、「我慢」「忍耐」の根性論的な感じです(笑)。


それが時を経て、今ではダイバーシティ(多様性)な考え方が日本でも広がりつつあり、ステレオタイプな考え方が打破されてきています。


少し話はそれ、私には高校生の姪がおり、女子高に通学しているのですが、パンツスタイルの制服を着用しています。
私の時代は制服と言ったらスカートしかなかったため、とてもパンツスタイルが新鮮でした。


「いいね!かっこいいじゃん!」


姪は小さい頃から男の子と混じって遊ぶ活動的な子でした。
余計、スカートを履く機会が少なかったため、パンツスタイルの制服は姪らしさも感じたのです。


本人も「制服を選択出来ることは、とても嬉しい。」と言っています。


話は戻り、好きなことを選択する事や、自分らしくあることが、今の時代背景的に当たり前になりつつあります。
だって、若者たちは昭和生まれには想像もつかない職業に就いているのを、見たこと、聞いたことはありませんか?
(サイバーなんちゃらとか…。)


最近驚いたのは、プロゲーマーという職業があるのですよね!
ファミコン世代の私にとって、親に「1時間!」と制限をされながらレベル上げに徹していたあの頃じゃ信じられないほど、夢のある職業だと思いました。


反面、好きな事を仕事にすることに躊躇をされている方は、好きな事でお金を稼いではいけないと、頭の中でがんじがらめになってしまっている節があります。


例えば犬が大好きで、犬のお散歩も大好きなのに、大好きな延長線上でお金を頂くことは遊んでいるようで心苦しいといった考え方です。

 

頭のガチガチを取り除こう

その考え方は間違っていて、犬の仕事は決して楽ではありませんし、命を預かる重要な仕事です。
ましてや事業者となるわけですから、責任も全て自身にかかってきます。


犬のお仕事は、肉体労働であり、人とのコミュニケーションもかなりレベルが高いものを求められる、超、地に足が着いた仕事です。


そして、犬と関わる仕事に就くならば、ドッグトレーナーは完全に技術職ですから、相当磨かないとなりません。


以前、大型犬をペットとして迎えていた人が、「自分は大型犬を飼ってたから、他の犬も大丈夫。」
と、自負していた方がいました。


しかし技術を学ぶにつれ、チワワを散歩した時「思った以上のリードを引く力強さに、思わず手が離れそうになった。」
と驚き、自身の考え方への甘さに反省し、今ではドッグトレーナーとして大活躍されています。


好きな仕事、イコール、簡単に出来る仕事や、楽な仕事という意味ではありません。
魂レベルの幸福感が湧きあがることが、好きな仕事の条件です。


゜+o。。o+゜゜+o。。o+゜゜+o。。o+゜゜+o。。o+゜

魂レベルの好きな仕事
https://playbow-dogtrainers-academy.com/19246.php

゜+o。。o+゜゜+o。。o+゜゜+o。。o+゜゜+o。。o+゜

最近、ビッグボスの新庄監督を見ていると年齢は背番号であり、いくつになっても夢は実現出来るのだなと痛感しています。


そのためには、自身がいくつになっても柔軟性のある頭と、健康と体力(先日TRFのSamさんが60歳と知り驚き倒れそうになりました。)
そして謙虚な気持ちを持ち続けないといけないなと、改めて学びました。


いくつになっても学び、学び、学びですね!
その意欲が強い方は、何歳になってもキラキラしています。


そんな方々がプレイボゥドッグトレーナーズアカデミーには毎日ご来校されます。
是非、同じ思いを持っていらっしゃる方は、是非想いを聞かせてください^^。


プレイボゥは、あなたの学びを応援いたします!

Girl, Dog, Pet, Friendship, Companion, Owner, Caucasian

人気犬種ランキングをみる理由

 

こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーの事務局の石田です。

今日のメルマガはタイトルの通り「犬種ランキング」について!
ネットを見ているとよく「犬種ランキング」って見かけますが、皆さんはご覧になりますか?

・見るよ!
・愛犬の犬種だけ確認しちゃう!
・あまり興味はないな!

など、皆さんそれぞれかと思います。

 

2021年の犬種ランキングを一部ご紹介

「○○犬種ランキング」、とくに「人気犬種ランキング」なんてタイトルのものが多いかと思いますが、
多くのサイトでよく取り上げられていますよね。アンケート対象が異なると、結果が想像と異なるのも確認していて興味深いところです。
なので、こういったランキングを見かけると私は確認しちゃう派です!


ちなみに、「人気飼育犬種ランキング2022」(アイペット損害保険株式会社)は
下記のような結果に・・・・・!


1位:MIX犬(小型犬:12kg未満、犬Ⅰ:16kg以下)※1

2位:トイ・プードル

3位:チワワ

4位:柴犬

5位:ポメラニアン


<調査方法>
2021年1月1日から12月31日の間にアイペット損害保険株式会社のペット保険に加入・契約した犬種を集計
https://www.ipet-ins.com/info/30161/

※1
小型犬:アイペットの犬種分類表における、ペット保険「うちの子」のミックス「小型犬」(12kg未満)
犬Ⅰ:ペット保険「うちの子ライト」のミックス「犬Ⅰ」(16kg以下)

プードルの写真

2位でした!

 

結果を見て感じること

どうでしたか?結果は皆さんのイメージ通りでしょうか?
犬を飼われている方だと、愛犬や、周りで飼われている犬から想像しやすい犬種もいたかもしれませんね♪

また、1位は意外!と思われた方もいるかもしれません。

しかし街を歩いていると、「犬種はなんだろう?ミックスかな?」と気になる機会ありませんか?
心当たりのある方はうなずく結果ですよね!

私は、ランキングを見かけると確認しちゃう派とお伝えしましたが、
・「人気飼育犬種ランキング(年度別)」アイペット損害保険株式会社・アニコム損害保険株式会社
・「犬種別犬籍登録頭数」JKC(ジャパンケネルクラブ)
このあたりは自分でも意図的に確認するようにしています。


というのにも理由が。

 

 

ランキングを見る理由

「人気犬種ランキング(年度別)」、「犬種別犬籍登録頭数」というのは、現在リアルに犬を飼育している方と愛犬のデータとなります。

その為、ランキングから
・日本では、どの犬種を飼育している人が多いのか
・どうしてその犬種が人気なのか
・昨年との変動に理由があるのか
といった状況把握ができます!

さらに!
・犬種によっての特性
・その特性から考えられる犬のお悩み行動
などなどなど、多くの情報を得ることができるんです!


私の場合は、プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーで生徒さんや来校者の皆様とお話する際の
参考にしていたりします(^^)
(皆さん、ご自身の愛犬や好きな犬種のランキングは把握されている方も多く
さすがだなーと思いながら楽しくお話しています。)


また、このような犬種ランキングを見て今後犬を飼いたい人がそれぞれの犬種に興味をもち、
その特徴を知ったり、自分自身が飼育できる環境にいるかを考えるきっかけにもつながるといいですね。

本日ご紹介したように、「犬種ランキング」にはランキングから読み取れる様々な情報があります。
ご興味があれば、皆さんもぜひご覧になってみてください!


・・・ちなみに!(おまけの雑談)

冒頭でも触れたように「人気犬種ランキング」というのは、本当に色々なサイトで取り上げられていて、
中にはアンケート対象者が犬を飼育したことのない人のみを対象とした場合も!
「好きな犬種」「飼いたい犬種」というタイトルでも記載されており、見てみると高確率で1位:柴犬を目にします。
やはり犬=柴犬のイメージが根強いのでしょうか?と興味深くチェックする私でした。

★ーーーーーーーー
過去と比べるのもおもしろい・・!

【今と20年前の人気犬種ランキング】

https://playbow-dogtrainers-academy.com/26112.php

ーーーーーーーー★

1クリックで犬へ伝える

 

こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーの事務局の石田です。

先日説明会を行った際にある参加者の方から、「ネットや本で独自に勉強してトレーニングを試してみたけど、愛犬に自分の意図が伝わっていのかわからない」という話題があがりました。

このお話、似たような内容で何度か聞いたことのあるお悩みの1つだったりします。

似たような、と挙げましたが、例えをあげると「褒めたけれどきょとんとしている」といった感じ。このブログを読んでくださる方の中にも心あたりのある方がいらっしゃるかもしれません。

犬のトレーニング風景

トレーニングで犬へ意図を伝えるには?

トレーニングで犬に意図が伝えるには?

人間同士であれば何かを教え、それが上手くできた時は「すごい!」「上手だね」という言葉や、「そう、いまのが正解!それを繰り返してほしいの!」といった説明で、伝えることができますが、犬へはどうでしょう?

犬へのトレーニングの際、教えたい行動が上手くできた時に「よし!」「上手!」といった掛け声の声の雰囲気で
褒められているかもという感覚は伝わるかもしれませんが、「こうしてほしい」という説明は、どんなに言葉を使っても伝えることはできませんし、おそらく犬にとっては「なにか話しているな~」くらいの感覚かもしれません・・・。

では、犬へわかるようにするにはどうしたらいいのか・・・?

それには、タイミングがとても重要なのです!

 

タイミングと秘密の道具!

一体どのタイミングなのかが知りたいんだ、と思いますよね。(笑)

正解は、犬が教えたい行動やしてほしい行動した【瞬間】です。その瞬間に、「それが正解だよ!」と教えてあげることが大切なんです!

その瞬間に言葉を発するって、言葉の長さによってはなかなか難しかったりしますよね。そこで活躍するのが「クリッカー」という道具です!皆さんご存知でしょうか?

クリッカーとは、押すとカチッとクリック音がする手のひらサイズの道具なのですが、ただカチッという音を鳴らせばいいというわけではありません。

まずは、このカチッという音を鳴らすと同時に、犬にとっての”報酬(おやつなど)”をあげることで「クリッカーのカチッという音=嬉しいこと」なんだと条件付けていきます。
(条件付ける、というのは簡単にいうと学習させること)

そして見事、この条件付けが成立すると・・・

犬が教えたい行動やしてほしい行動した【瞬間】にクリッカーを鳴らせば「その行動が正解だよ!」と、犬に伝えることができるんです!

もちろん、プレイボゥのトレーニングでもクリッカーを使用しているので、
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーの実習でもクリッカーは欠かせません。

 

 

タイミングよくは中々難しい。

とはいうものの、タイミングピッタリにクリッカーを鳴らすというのも、使い始めは慣れなかったり、難しく感じたりします。
その為、テニスの試合をTVで見ながら、選手がボールを打つタイミングでクリッカーを鳴らすということをしてみたり、
誰かに頼んで手拍子をしてもらい、それに合わせてクリッカーを鳴らしてみたり・・と練習された生徒さんもいるそう。
素敵な練習方法ですよね!

犬とのコミュニケーションを取るということはトレーニングの基本でもあり、
絆を形成するうえでも、最も重要なことです。

冒頭にあった「トレーニングするなかで、愛犬へ自分の意図が伝わらない」とお悩みも、
どうすれば犬へとうまく伝えられるか、どのように犬が理解していくのかを知ると、より解決しやすくなるかもしれませんね!

愛犬とのトレーニングで同じようなお悩みがある方は、ぜひ参考にしてみてください♪

★ーーーーーーーーーーーーー★
クリッカーのメリットを説明した記事はこちら!

https://playbow-dogtrainers-academy.com/25876.php

★ーーーーーーーーーーーーー★