ドッグトレーナー養成スクールPLAYBOW ドッグトレーナーになりたい!応援ブログ ドッグトレーナーが苦労する事

ドッグトレーナーが苦労する事

こんにちは!プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー関西校の竹井です。

昨日は、卒業後のお仕事の選び方というお話をさせていただきました。今日のお話は、お仕事を始めてからのこと。

みなさん、ドッグトレーナーの仕事を始めてから直面しやすい悩み事って、どんなものだと思いますか?
相談を受けやすい悩み事ではありません。ドッグトレーナー自身が悩んでしまう事です。

空を見上げるチワワ

どうしようかな…

私がよく聞くのは「こういうときは、飼い主さんになんて言えばいいですか?」という、飼い主さんへの対応のお悩みです。
ドッグトレーナーのお仕事は、犬のしつけを行う事。犬を相手にしたお仕事だと考えておられる方が多いのではと思いますが、実はその仕事の大半は、飼い主さんつまり人が相手のお仕事です。

お問合せいただいた飼い主さんと、時間やコースなどの確認をしつつ犬種やお悩み事の内容をお聞きします。

ご予約の日になったら、犬の様子を見ながらさらに詳しく飼い主さんからお話をお聞きし、お困り事に対しての
犬の状態や状況をわかりやすく伝えます。
トレーニングのプランを立て、それに対する犬の反応や様子を見つつ、飼い主さんとの生活の中で実際に行う事が可能な方法かどうか確認しながら、実際に行う事を決めていきます。

いよいよ、トレーニング開始!

実際に犬と一緒にトレーニングしながら、飼い主さんにもトレーニングの仕方やドッグトレーナーが一緒にいない時の対応の仕方、ほかのご家族への伝え方などをお伝えします。
その日のトレーニングが終了したら、次回のご予約などを確認しお仕事完了です!

いかがでしょう?
かなりザックリと、お問い合わせからの流れを記載してみましたが、犬が出てくるよりもずっと多く飼い主さんが登場します
登場の頻度が高い分犬に対してよりも飼い主に対しての方が「どうすればいいの?」と困ってしまう事も多いのです。

なのでアカデミー生の皆さんには、犬の保育園での実習の際、トレーニングの仕方だけではなくスタッフとお客様のやり取りもよく見てくださいね!とお話します。

イベント実習

飼い主さんに何を伝えますか?

プレイボゥの実習は、実際にお客様がいらっしゃるお店の中で行います。
せっかくたくさんのものが見られる環境ですのでしっかりとご覧いただき、どうすればうまく伝わるのか、何といえば飼い主さんの負担が軽くなるのか、一緒にトレーニングするにはどうすればいいのか、少しずつ、スタッフから学んで身につけていただければと思います!