ドッグトレーナー養成スクールPLAYBOW ドッグトレーナーになりたい!応援ブログ NO DOG, NO LIFE~シニア犬について~

NO DOG, NO LIFE~シニア犬について~

こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の石田です。

いきなりの宣伝となり大変恐縮ですが、プレイボゥでは2021年GW期間にオンライン特別セミナーを開催することが決定しました!


テーマは【シニア犬】について。


ドイツ在住で獣医師としてもご活躍されているアルシャー京子女史をお招きし、老化の概念から終活・看取りについてまでお話をいただきます。

クッションの上にいる犬の写真

シニア犬セミナー開催です!

私も愛犬のことで一番悩んだのがシニア期でした。

私自身、以前共に過ごしていた愛犬との生活を思い返すと、接し方で一番悩んだのは、愛犬がシニア期に突入してからでした。

それまでは、あまり愛犬の行動を問題行動と捉える機会も少なく過ごしていましたが、高齢になるにつれ、攻撃行動を起こすようになりました。

その当時は、何が原因なのか分からず、とても焦ってしまい、愛犬にとってよりストレスのかかる接し方をしてしまったと反省しています。

その反省点が、犬についてもっと学んでいればよかったという強い想いや、今現在プレイボゥのアカデミースタッフとして、犬に関わる仕事に就くきっかけにもつながっています。

同じように、愛犬のシニア期の過ごし方で後悔した思い出のある方や、今まさにお悩みを抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

森山名誉校長のブログにも、シニア犬に触れた記事がありますのでご紹介いたします。

.。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。.

タイトル:パピーからシニアまで

本文はこちらから↓↓
https://playbow-dogtrainers-academy.com/9219.php

※セミナーのご案内は過去のものになります。

.。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。.

いかがでしたでしょうか?

シニア犬だからこその原因

森山名誉校長の記事にも「一番多いのは痛みからくる攻撃なのでは」とありますが、私の愛犬も、シニア期に突入してから腰を痛めていました。といってもそれを知るまでにも時間がかかり、その間も愛犬にはストレスをかけていただろうと、未だに猛省しています。

その為、私はこのブログを読んで、当時の事を鮮明に思い出しました。

 

シニア犬について知っておく重要さ

今後ドッグトレーナーとして活動されていく方にとって、シニア犬の問題行動の相談はおそらく必ずくるであろうと思います。

ドッグトレーナーだけでなく、今まさに犬を迎えている方も、いつかは迎える愛犬のシニア期を経て、悩みを抱えるかもしれません。

私は、愛犬のシニア期の接し方で後悔をした経験があるので、同じ思いを抱える犬や飼い主様を一人でも減らせるよう、皆さんには、犬についてはもちろんのこと、年齢や成長によって起こり得る様々な可能性についてもしっかりと知っておいて欲しいと願います。

今回開催する特別セミナーは、まさに「シニア犬」について老化の概念から学べるとてもいい機会です。

さらに、講師を務めてくださるアルシャー女史が生活している「ドイツ」は、アニマルウェルフェア先進国でもありますので、動物福祉について欧州のリアルな考えも同時に学ぶことができます。

一般募集も開始しておりますので、ご興味のある方は、ぜひこの機会にご参加をお待ちしております!

以下詳細

■□…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…■□
アルシャー京子女史 オンライン特別セミナー

「犬」大国のドイツから学ぶ
  【シニア犬セミナー】

日程:2021年5月4日(火)・5日(水) 
時間:18:00~21:00
※2日間の連続セミナーとなります

<講師>
アルシャー京子女史

<プロフィール>
ドイツ・ベルリン自由大学獣医学部卒・獣医師
保健学士、ドッグ・ジャーナリスト、
獣医学/農学専門独日翻訳・通訳・リサーチャー、
ドイツ犬の飼い主免許実技試験官
(ベタリナリー・ワーキンググループ:TAG-H認定)

<参加方法>
Zoom(インターネット環境必須)

<参加費>
見逃し配信なし:10,000 円
見逃し配信あり:13,000 円
※見逃し配信期間:5月8日(土)~5月15日(土)

<詳細・お申込はこちら>
https://playbow-dogtrainers-academy.com/special-seminar-2.php

■□…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…■□

<注意>
本セミナーではドッグトレーナー養成講座の生徒達や、卒業し、開業を果たしたプロのドッグトレーナーも多く、参加いたします。

そのためセミナーの性質上、専門用語が出てくる可能性もございますので、ご出席希望の方はその点だけご留意いただけますよう、何卒宜しくお願いいたします。