ドッグトレーナー養成スクールPLAYBOW ドッグトレーナーになりたい!応援ブログ 犬にも義務教育を~求められるドッグトレーナという存在~

犬にも義務教育を~求められるドッグトレーナという存在~

人の義務教育は9年間、では犬は?

犬 子供

人間の子供と同じように、犬も小さい頃に学ぶべきことはたくさんあります。

こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の大竹です。

「犬にも義務教育を」

これは、森山名誉校長が生前おっしゃっていたことです。

人の義務教育は小学校の6年間、中学校の3年間の計9年間ですよね。親はこの9年間に関して、子供に教育を受けさせる義務を負うので、子供を小学校・中学校に通わせます。

子供たちは小学校・中学校で、将来のために様々な知識を身に付けます。さらに、家族以外の大人や、たくさんの同級生との関わり合いで、心が育まれますよね。生涯の友人となるような人と出会うこともあるかもしれません^^
義務教育は一生を左右するといっても過言ではないでしょう。

では、犬の場合は?

残念ながら、人間の義務教育のように、飼い主に犬への教育について義務付けられているものはありません。
しかし、犬が人間社会で生きていくために、そして心が健やかに育まれるために、犬自身学ばなくてはいけないことはたっくさんあります。
そんな時に頼ってほしいのが、ドッグトレーナーですU^(ェ)^U

犬の義務教育とは、“保育園に通わせること”

まず子犬を迎えたら、犬の保育園のドッグトレーナーを頼ってください。
犬の保育園に通うことが、人間でいう小学校・中学校に通う「義務教育」であると私たちは考えます。

つまり、犬の保育園のドッグトレーナーは学校の先生、保育園に通う犬たちが同級生、のようなイメージです♪
人間社会で犬が暮らしていく上で必要なトレーニングを、学校の先生であるドッグトレーナーが教えます。
そして、犬同士でしか学べない、犬とのかかわり方やボディランゲージを、同級生の犬同士で学びます。

さらに、犬へのトレーニングは、飼い主さんが出来てこそその犬の一生に活かされるものですので、飼い主さんにもお家では犬とのトレーニングを練習してもらいます。
まさに『学校からの宿題に親子で取り組む』といった感じでしょうか^^

このような幼少期を過ごすことで、犬は心も健やかに成長し、成犬になったときには人間社会で上手に暮らす術を身に付けるのです。さらに、ドッグトレーナーからトレーニングを学んだ飼い主さんは、犬への正しい接し方を身に付け、自分の犬を自分でトレーニングできるようになっているはずです。

そうなれば、結果的にその犬と飼い主はストレスなく日々の生活を送れるようになり、犬はその命が尽きるまで、飼い主のもとで幸せな人生ならぬ犬生を送ることができます。
つまり、「犬の殺処分ゼロ」を目指すためには、ドッグトレーナーの存在が必要不可欠なのです。


犬の義務教育とドッグトレーナーの存在は、殺処分ゼロに必要不可欠

犬 人

犬が幸せな一生を送れるようにするために、幼い頃からのトレーニングは必須なのです。

コロナ禍でお家時間が増えたことをきっかけに、多くの人が犬を迎え入れたそうです。
しかし、子犬時代に義務教育的なものを行わずに過ごした犬たちは、人間社会で生きていく術を身に付けられず、いわゆる問題行動が見られるようになっています。
そして、最初の緊急事態宣言が出てちょうど1年ほど経ちますが、子犬時代が終わり今まさに問題行動が出始め、飼い主が「手に負えない」と手放してしまう悲しいケースも実際に起きているとのこと。

もちろん、問題行動が出たあとでも、ドッグトレーナーに頼り、トレーニングをすれば状況が改善することもあります。

つまり、子犬を迎え入れる人が増えた今、そして犬の問題行動に悩む人が増えている今、求められるのはドッグトレーナーの存在なのです。

殺処分ゼロを実現するために、自分にできることは何だろう?と考えている方がもしいたら…
ドッグトレーナーという立場からアプローチすることも是非検討してみてくださいU^(ェ)^U

——————————————
犬の義務教育を、私たちと一緒に広めませんか?
ドッグトレーナー養成講座7月受講生募集中!
残席僅かのクラスもあり!
——————————————