ドッグトレーナー養成スクールPLAYBOW お知らせ 犬にもスポーツドリンク?

犬にもスポーツドリンク?

 



こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の矢川です。

最近、気温差の激しい日が続いていますが、皆さん体調管理はできていますでしょうか?

暑い日になると、すでにエアコンをフル稼働させている方もいらっしゃるかも知れません。

今年の夏は、電力不足から節電しなくてはならない事も予想されますから、そのあたりも考えながら使用したいですね。

とは言え、家で犬を飼っている人は、そうも言っていられない場合もあります。

暑さに弱い犬種も中にはいますから、室内の温度管理に気を付けているという方もいらっしゃる事でしょう。

ところで皆さん、犬の平均体温が何度か知っていますか?

熱中症の症状

人間は約35℃~37℃ですが、犬は約38℃~39℃と

人間より約2~3℃高いんです。

これが理由で夏になりやすい病気があります。

熱中症(熱射病・日射病)です。

熱中症は、発見が遅かったり、応急処置が正しく出来ないと死亡してしまうこともある病気です。

熱中症になると主にこんな症状が多く出るようです。

・口を大きく開けて息苦しそうに呼吸をしている。

・よだれを大量に出す。

・嘔吐や下痢をする。

・足元がフラフラして倒れる。

・目が充血している。

さらに重症化してくると

・失神する。

・筋肉が震えだす。

・呼びかけに反応しなくなる。

・けいれん発作を起こす。

・吐血や血便、血尿をする。

など、このような症状が出ます。

夏場にお散歩している時など、もし生活の中で熱中症らしき症状の犬に出会ったら、飼い主さんにすぐに伝えてあげましょう。


エアコンをつければ安心?

熱中症は人が気を付ければ大丈夫な病気です。

次のようなシチュエーションは避けるようにしましょう。


・気温が高い時の長い時間のお散歩

・エアコンをつけない室内での留守番

・車内での留守番

などなどです。


閉め切った気温の高い室内は大変危険ですので、絶対に避けましょう。

特に車内は注意が必要です。

夏場にエアコンをきってから約15分で車内の温度はだいたい10度くらい上昇すると言われています。

ですから、コンビニでちょっと買い物をする間、車の中でお留守番なんていう時間も、犬にとっては危険なのです。

また車内でのハウスに慣れていないと、ストレスで呼吸が荒くなり、どんどん自分で温度を上げてしまうこともありますので。なお気を付けたいですね。

家でのお留守番はエアコンをつけていれば安心?

というわけではありません。

エアコンをつけていても、日差しが当たるところにケージがあったりするのも危険なことがあります。
エアコンの風が直接当たってしまうのも良くないですが、この時期は日差しがあたらないところにケージを置いてあげるなどの対策をおこなってあげるようにしましょう!

飲み物

犬にとっても水分補給は大事!

 

飲ませすぎには注意

さて、熱中症予防の一つとして、水分補給があります。

人と同じですね。

実はスポーツドリンクを飲ませても大丈夫といわれています。

人用のスポーツドリンクには、糖分や塩分が含まれていますから、犬用のスポーツドリンクを与えた方が良いでしょう。

熱中症だけでなく、低血糖の応急措置や食欲不振の犬の水分補給などにもスポーツドリンクは効果があるらしいですね。

ただし、腎不全の子に与えるのはNGといった記事もありますから、良く調べてから与えるようにしましょう。

獣医師さんの意見もしっかり聞いてくださいね。

本格的な夏場が来る前に準備、対策はしっかりとしておきたいですね!

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

暑さ対策を万全に!
ご興味のある方はこちらもどうぞ↓

【 犬の体の構造を知ってあの手この手で暑さ対策! 】
https://playbow-dogtrainers-academy.com/28527.php

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
次回のブログ更新は4月23日(土)です。