ドッグトレーナー養成スクールPLAYBOW ドッグトレーナーになりたい!応援ブログ 犬の問題行動の「問題」って・・・?

犬の問題行動の「問題」って・・・?

こんにちは。
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーの石田です。


徐々に過ごしやすい気候の日々が増えてきました。
私は、休みの日に目的もなく散歩をするのが好きなのですが、この時期になると、愛犬とお散歩をしている人にもよくすれ違うようになりました。


お散歩の様子をついつい眺めてしまうのも、犬に関わる仕事に就いている性なのでしょうか(笑)

犬が吠えている写真

他の犬や人へこんな様子のワンちゃんも見かけます・・

 

お散歩だけでも犬も飼い主様も様々

犬と散歩をしている人を見ていると、すれ違う人や犬に愛犬が吠えてしまい、とても困り顔の飼い主さんや、
同じ状況でも、これが日常といった様子でお散歩している飼い主さんなど、様々な様子が見られます。

 

さて、ここで突然の質問です。犬を飼っている皆さんは、愛犬のお悩み行動はありますか?

 

先ほど私が挙げた、困り顔の飼い主さんは、表情や雰囲気から愛犬のお散歩に悩んでいるいるのが伝わりました。

皆さんはどうでしょうか?

愛犬のお悩み行動はありますか?

愛犬のお悩み行動・・・・

吠える、咬む、トイレを失敗する、お散歩中引っ張る、飛びつく、コードを噛んじゃう、など、挙げられる行動はそれぞれあるかもしれません。

そしてこの「お悩み」行動が、犬の「問題」行動として、よく聞く行動でもあるかと思います。
ですが、今挙げた行動の数々、犬にとって「問題」でしょうか?

答えは、NOです。

ごく稀に病気的な要因から取る行動もありますが、吠える、咬むなどの行動は、犬にとって異常な行動ではなく、正常な行動です。

 

 

犬の問題行動の「問題」とは

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーでもよくお伝えしているのですが、犬の問題行動として、よく挙げられている行動の数々は、「飼い主が困った!と感じる行動」のことを指します。

問題行動と呼ばれていますが、犬にとっては正常な行動・・・
そう考えると、全ての行動を「ダメ!」とするのはどうなのか。
ある程度、自由に行動を取らせてあげるのも大事なのではないか、と思われる方もいるかもしれません。
もちろん、犬も動物ですので、可能な範囲での自由な行動は必要です。

しかし、むやみやたらに咬んでしまったり、人に飛びついて怪我をさせてしまったり、交通事故にあってしまったり…。

 

 

ドッグトレーニングの必要性

人と犬が共に人間社会で生きていくためには、人間が犬の危険から守るために「呼び戻し(リコール)」や「待て(ステイ)」等と言ったトレーニングを学び、
ある程度のコントロールができるようにする必要があるのです。

 

皆さんの愛犬は、危険回避を目的としたトレーニングは出来ていますか?
人間社会で、互いにストレス少なく過ごすため、犬も人も一緒に楽しく♪トレーニングをしていきましょう!

 

 

≪ドッグトレーナー養成講座
 2021年10月生募集!≫

詳しくはスクールの特徴をご覧ください。

↓ポチっと。

https://playbow-dogtrainers-academy.com/guidance2.php

ーーーーーーーーーーーーーー★

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー

■Facebook

https://www.facebook.com/playbowacademy/

■プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーinstagram

https://www.instagram.com/playbowacademy/

ーーーーーーーーーーーーーー★